ダイハツ キャスト(CAST)売却時の買取相場価格

キャスト買取相場価格を知りたい方へ

 

ダイハツのキャスト

【キャスト買取査定の一例】
グレード 年式 走行距離 買取価格
キャスト アクティバ G SAIIII 2018年 1万km 96万円

かんたん車査定ガイド


 

キャスト(CAST)のスペック(現行モデル)

 
自動車メーカー 車種カテゴリ 新車価格[万円] 乗員定員[人]
ダイハツ工業 5ドア軽トールワゴン 122-170 4
総排気量[cc] カタログ燃費[km/L] エンジン種類 最高出力[ps]
658 27.0-30.0(2WD)/25.0-26.8(4WD) 直列3気筒DOHCターボ 52/64
最大トルク[N・m] 全長x全幅x全高[mm] 車重[kg] 駆動方式
60/92 3,395x1,475x1,600-1,640 840-900 2WD/4WD
 

キャスト(CAST)の概要

 
ダイハツのキャスト(CAST)は、軽クロスオーバーSUV(ACTIVA)と軽トールワゴン(STYLE、SPORT)があり、ダイハツ工業で製造と販売が行われています。

特徴

  • 個性の異なる3タイプ、エレガントな印象の「スタイル」、オフロードにも対応できる「アクティバ」、走りに妥協しない「スポーツ」を用意
  • コンパクトなのに、大人4人が快適に過ごせる余裕の空間を確保
  • 最小回転半径は4.7mで、車庫入れや狭い駐車場への停車も楽に行える
  • リヤシートは左右分割して、前に倒すことができ、荷室の拡大が可能
  • ラゲージの床下には、大きな容量の収納スペース「大容量深底ラゲージアンダーボックス」があり、蓋を跳ね上げることで高さのある荷物を積載することが可能
  • 「リヤシート分割ロングスライド」により、左右別々に最大24cm前後方向に移動でき、「リヤシート分割リクライニング」により、背もたれ部分の角度調整が可能
  • 室内の小物を整理できる「ポケット」や「トレイ」、「ボックス」などの収納スペースを用意
  • 気になる紫外線や室温上昇の原因となる赤外線を遮断するための「スーパーUV&IRカットガラス(フロントドア)」を用意(一部モデルのみ)
  • 帯電フィルターを使うことで、優れた集塵性能を持つ「スーパークリーンエアフィルター」を用意(一部モデルのみ)
  • 冬季に役立つ「運転席・助手席ヒートシーター」とフロントワイパーが凍結してフロントウインドウにくっつくのを防ぐ「ウインドシールドディアイサー」を用意(一部モデルのみ)
  • サスペンションには、チューニングを行っており、無駄なステアリング操作を少なくして、安定走行に貢献
  • 「軽量高剛性ボディ」を使用することで、安定走行と乗り心地の良さ、静粛性、燃費性能の向上に大きく貢献
  • ステアリングに取り付けてある「パワーモードスイッチ」をオンにすることで、パワフルな走りができ、スイッチをオフにすることで、低燃費な走りが可能
  • クルマが停止する少し前からエンジンを止めることで、燃料を大幅に節約する「eco IDLE」を搭載
  • 登り坂で発進をする時に、車が後ろに下がるのを抑制する「ヒルスタートシステム」を装備
  • 各ドライバーに合わせた最適な運転姿勢を取れる様に運転席シートやステアリング位置の調整ができる「運転席シートリフター&チルトステアリング」を装備
  • 急な斜面などを降りる際に自動ブレーキにより、ゆっくりとした車速で安定して降坂する為の「ダウンヒルアシストコントロール制御(DAC)」を搭載(アクティバの4WD車専用)
  • タイヤの車輪がスリップした時にもう逆側の車輪に駆動力を伝えて、スリップから脱するための「グリップサポート制御」を搭載(アクティバの4WD車専用)
  • 手にしっかりとなじむ「パドルシフト付きMOMO製革巻ステアリングホイール」を装備(スポーツ専用)
  • 変速ショックのほとんどないシフトダウンを行える「ブリッピング制御」を採用した「自動無段変速機(CVT)」を搭載(スポーツ専用)
  • 地面を直に捉えた操舵感を感じることができる「アルミホイール&16インチタイヤ」を装備(スポーツの2WD車専用)
  • 日中の点灯でも目立つ、鮮やかな白色光でフロントフェースのスポーティさを際立たせる「フロントLEDイルミネーションランプ」を搭載(スポーツ専用)
  • アグレッシブルな走りに対応したチューニングを行った「スポーティサスペンション」を搭載(スポーツの2WD車専用)
  • キャストのスマートアシストV搭載車は、国が普及を目指している交通事故防止テクノロジーを搭載した「サポカーS ワイド」に相当
  • クルマはもちろん、前方の歩行者も認識して、衝突の危険性がある場合にはドライバーに注意を促すと共に、より危険性が増した場合には緊急ブレーキで自動的に自車を止める「衝突警報機能&衝突回避支援ブレーキ機能」を装備
  • よそ見などで車線からはみ出しそうな場合に警告を発して知らせる「車線逸脱警報機能」を搭載
  • 駐車場からの発進時に操作ペダルを踏み間違えて障害物がある方向に急発進しそうな場合に、エンジン出力を抑制して衝突を避けるための「誤発進抑制制御機能(前方・後方)」を搭載
  • 信号待ちなどに於いて、前のクルマが発進したことに気づかずにうっかりと停車を続けていた場合に、ブザー音などで知らせる「先行車発進お知らせ機能」を搭載
  • 夜間の走行を支援する、ヘッドライトのロー・ハイビームを自動で切り替えて、ヘッドライト操作の煩わしさを解消する「オートハイビーム」を搭載
  • 曲がり道を走っている最中にクルマの横滑りが発生した場合に、ブレーキとエンジン出力を自動コントロールして、走行安定性を保つ「VSC」を搭載
  • クルマのスタート時やスピードアップの時のタイヤの空回りを防いで、スムーズなアクセル操作を実現するための「TRC」を搭載
  • 走行中に緊急ブレーキを掛けた場合に、通常のブレーキランプの点灯の他に、自動でハザードランプを高速点滅させることで、後続車のドライバーに注意喚起をする「エマージェンシーストップシグナル」を装備
  • ブレーキ操作を行った場合に、4輪の個々に適切に制動力を割り当てて、効果的なブレーキ力を発生させる「EBD」を装備
  • 雨天の路面等の滑りやすい状況で急制動を行った場合に、車輪ロックによりクルマが不安定になるのを防ぐ「ABS」を搭載
  • 小型のボディサイズにもかかわらず様々な角度からの衝突実験で優れた衝突安全性能を実証した「衝突安全ボディ TAF(タフ)」を採用
  • クルマの前部のフードやバンパー、フェンダーなどに吸収スペース・衝撃緩和装置を取り入れることで、対人事故での歩行者保護性能を高めた「歩行者傷害軽減ボディ」を採用
  • 前から強い衝撃を受けた際に、前席乗員の頭部や胸部に加わる衝撃を緩和する「デュアルSRSエアバッグ」を搭載
  • クルマの側面から衝撃を受けた場合に運転席と助手席の搭乗員に加わる衝撃を和らげるための「SRSサイドエアバッグ」を搭載
  • 側面衝突で衝撃を受けた場合に、すべての搭乗員の頭部へのダメージを軽減するための「SRSカーテンシールドエアバッグ」を用意(メーカーオプション)
  • 前方から強い衝撃を受けた場合に、シートベルトを瞬間的に巻き取って乗員をシートに固定するためのプリテンショナー機構とベルトにより胸部に必要以上の力が加わらない様にする為のフォースリミッター機構を備えた「フロント3点式ELRシートベルト」を搭載
  • 幼児や赤ちゃんを乗せるためのチャイルドシートをワンタッチで確実に着脱できる「後席用ISOFIX対応チャイルドシート固定バー&トップテザーアンカー」を装備
  • クルマの前後左右に搭載した4つのカメラにより、周囲の死角をチェックできる「パノラマモニター」を搭載
  • クルマ専用の電子カードキーをポケットなどに入れておけば、キーを取り出さなくてもクルマのドアハンドルについているスイッチを押すだけで、ドアの解錠と施錠ができる「キーフリーシステム」を搭載
  • 専用の電子カードキーでなければクルマのエンジンが掛からない、盗難防止のための「イモビライザー機能」を装備
  • 専用の電子カードキーを携帯していれば、キーを出さなくてもブレーキペダルを踏みながらエンジンスタートボタンを押すだけで、簡単にエンジンを掛けることができる「プッシュボタンスタート」を搭載
  • 方向指示スイッチのレバーはターン位置で固定されずに手を離せば元の位置に戻る機構を採用しており、レバーを倒してすぐに手を離すとターンシグナルが3回だけ点滅する「ワンタッチターンシグナル機能付き方向指示スイッチ」を装備
  • 正常な方法以外でクルマのドアが開かれた場合に、室内ブザーを鳴らして異常状態が発生したことを伝える「セキュリティアラーム」を搭載
  • 1灯分のLEDを使って、ロービームとハイビームを切り替えて使用する「光軸調整のマニュアルレベリング機能付きのBi-Angle LEDヘッドランプ」を搭載(一部モデルは除く)
  • 濃霧や吹雪の際に前方視界の確保を支援する「LEDフォグランプ」を装備(一部モデルは除く)
  • 視認性の高いLEDストップランプを内蔵した「リヤコンビネーションランプ」を搭載
  • 運転席ドアのロックに連動してドアミラーを閉じる「オート格納式カラードドアミラー」を装備

モデルチェンジ変遷

初代キャスト
(2015年-現在まで)
初代キャストのLA250S/LA260S型を販売。
都会的なイメージで洗練された「キャスト スタイル(CAST STYLE)」、クロスオーバーSUVの「キャスト アクティバ(CAST ACTIVA)」、走りを強化したスポーティな「キャスト スポーツ(CAST SPORT)」といった3つの個性的な特色を持つグレードが用意されています。
 

かんたん車査定ガイド

page top