ダイハツ タント(TanTo)売却時の買取相場価格

タント買取相場価格を知りたい方へ

 

ダイハツのタント

【タント買取査定の一例】
グレード 年式 走行距離 買取価格
タントX 2005年 5万km 13万円

かんたん車査定ガイド


 

タントを売却した人の口コミ情報

 
僕は、クルマは基本的には負債だと考えています。

どういうことかというと、クルマを所有すると自分の財布からお金が減っていくということです。

会社への通勤を徒歩や自転車にする方法もありますが、私が住んでいる地域は冬は雪が降る地域なので、徒歩や自転車での移動は辛すぎます。

だから、クルマは必需品となっているのですが、できるだけお金を支出しない様に僕は軽自動車のタントを購入しました。

軽自動車なら、ガソリン代、自動車保険代、自動車関連の各種税金、車検代などの費用が安く済みます。

タントは、軽自動車ながらルーフの高さが高いので、前席、後席いずれに座っても開放感がありました。

だから、タントに乗っていて狭いと感じたことは一度もありませんでした。

タントは買ってから車検を5度通すまで乗り続けたのですが、その後、クルマを新しくしました。

どこに僕のタントを引き渡せば高い値段で買い取りして貰えるのだろうと疑問に思ったので、スマホで調べてみました。

そうすると、インターネット中古車買取一括見積りサイトを使えばベストプライスで中古車を売却出来ることが判明しました。

その見積りサイトへ僕のタントの見積り作成を依頼したのですが、数日後に計3社の車買取り業者から買取OKとの返事を貰うことができました。

僕は、最も良い見積り金額を提示してくれた車買取り業者に僕のタントを買い取りして貰いました。

僕は高校を卒業後、プログラミングの専門学校へ進学しました。

将来は、プログラマーになって活躍したいと考えたからです。

専門学校へは実家からバスで通うことができたのですが、バスの本数が少ないので通学がとても不便でした。

そこで、親に金銭的な協力をしてもらい、近所にあった中古車販売会社で4年落ちのタントを通学用に購入しました。

状態の良いタントが破格値で売られていたので、購入を決めました。

毎日の通学にタントを使っていたのですが、操作ボタンなどはシンプルだったので、とても使いやすかったです。

運転もオートマ車なので、基本的にはアクセルとブレーキ、そしてステアリング操作だけでした。

だから、運転免許を取り立ての僕でもあまり不安を感じることなくタントを運転することができました。

僕が乗っていたタントは就職先の都合で、専門学校を卒業すると同時に売却をしました。

パソコンでネットサーフィンをすることで見つけ出した、中古自動車買い取り一括査定サイトで、僕が乗っていたタントを売りました。

この査定サイトの口コミ評判を見たのですが、クルマを高く売れたとの情報があったので、その情報を信じて自分が乗っていたタントを売却したのですが、評判通りの高い値段で売ることができました。

タントを売ったことで得たお金は、タントを買ってくれた親に渡しました。

親は臨時収入を得ることができたと、喜んでくれました。

私は、専業主婦で一人息子がいます。

夫は公務員なので、週末を除いて、仕事をしています。

私は我が家の家事全般を受け持っています。

タントは、我が家の私用のクルマとして購入したセカンドカーでした。

銀行へ行ってお金の引き落としや食材や日用品などの買い出し、子供が英語塾に通っているのでその送り迎えにタントを使っていました。

タントを使っていて便利だと思ったのは、前ドアと後ドアの間にピラーがないことと、後ドアがスライドドアだということです。

前ドアと後ドアを共に開くと大きな開口となり、タントへの荷物の積み下ろしがとても楽にできました。

また、タントは前席シートの背もたれの背面にミニテーブルが付いていたので、そのテーブルを使って子供におやつをあげることも出来ました。

タントは購入をしてから約8年経った時に、次の軽自動車へ乗り換えをしました。

自動車販売会社に下取車としてタントを引き渡したので、次に買った軽自動車はかなり販売価格をサービスして貰うことができ、お得にクルマの乗り換えができました。

私は、美容院で働いているヘアスタイリストです。

私が通勤を含めて日常の足として使っているクルマは、ダイハツのタントでした。

ダイハツ系列の自動車販売会社にクルマの購入を相談したのですが、すぐに納品可能なピング色のタントが在庫としてちょうど一台、それも販売価格を割引して売っていたので、お得に買える思い、そのクルマをすぐに購入しました。

タントを購入する為に支払ったお金は、諸経費込み、消費税ありで約130万円でした。

30万円を頭金として納め、残りの100万円は36回払いの自動車ローンを組みました。

タントはシートアレンジをすることで、ラゲッジスペースに自転車や家具、カーペットの様な長尺物も載せることができたので、様々な生活の場面で役に立ってくれました。

そのタントですが、長年愛用し続けた結果、古くなったので、新車を新たに買うことを決めました。

私が所有しているスマートフォンをフルに活用して、タントの売却先を調べたのですが、ネット車買取一括見積サイトを使えば高額売却を実現できることが分かりました。

この見積サイトを利用して、私のタントを処分したのですが、中古車オークションで取引されている価格より、高額で売却することができました。
 

タント(TanTo)のスペック(現行モデル)

 

タントの左後ろ

自動車メーカー 車種カテゴリ 新車価格[万円] 乗員定員[人]
ダイハツ工業 軽スーパーハイト
ワゴン(軽自動車)
122-165 4
総排気量[cc] カタログ燃費[km/L] エンジン種類 最高出力[ps]
658 28.0/26.0 水冷直列3気筒
12バルブDOHC
52/64
最大トルク[N・m] 全長x全幅x全高[mm] 車重[kg] 駆動方式
60/92 3,395x1,475x1,750 920-990 FF/4WD

 

タント(TanTo)の概要

 

TanTo

タント(TanTo)は、ダイハツ工業が製造を行っている車両全高が1700mmを超える軽トールワゴン車です。

従来のトールワゴン車より全高が高くホイールベースも長いので、軽自動車にも拘わらず広い車内空間があります。

特徴

  • 自転車やべピーカーもそのまま積める大開口のミラクルオープンドア
  • 万一の事故を未然に防ぐ、先端技術のスマートアシストUを装備(歩行者との衝突警告機能や車線逸脱警告機能など)
  • 環境に優しいエコ技術「イーステクノロジー」を採用し、低燃費を実現
  • 装備を充実させた「タントカスタム(TanTo CUSTOM)」というグレードも用意

モデルチェンジ変遷

初代タント
(2003年-2007年)
初代タントのL350S/L360S型を販売。
価格の安い自然吸気エンジンとパワフルな走りができるターボエンジンを搭載したグレード展開で販売を開始しました。駆動方式はFFと4WDを用意しました。シフトチェンジは、全車フロントパネルに付いているインパネシフトATで行います。
2代目タント
(2007年-2013年)
2代目タントのL375S/L385S型を販売。
ボディ形状は初代より角部分が丸くなって、ソフトな印象が強まりました。助手席側のセンターピラー(Bピラー)がなくなり、前部ヒンジドアと後部スライドドアを開くと大きな搭乗口を確保することが可能です(ミラクルオープンドア)。フラットフロア化とさらなるロングホイールベース化で初代よりさらに室内が広々となりました。
3代目タント
(2013年-現在まで)
3代目タントのLA600S/LA610S型を販売。
ミラクルオープンドアの開口面積を広げるためにスライドドアのスライド幅を10cm広げました。その結果、荷物を積載が先代以上に容易となりました。また、フロントフェンダーやバックドアなどに軽い樹脂パーツを採用して、基本性能の向上などで重量増となったのを補っています。

 

かんたん車査定ガイド

page top