スバル プレオプラス(PLEO+)売却時の買取相場価格

プレオプラス買取相場価格を知りたい方へ

 

スバルのプレオプラス

【プレオプラス買取査定の一例】
グレード 年式 走行距離 買取価格
プレオプラス F 2014年 3万km 40万円

ナビクル車査定


 

プレオプラスを売却した人の口コミ情報

 
「どこに行くにしても気軽に乗れるクルマが良いなぁ」と思ったので、小さくて燃費の良いプレオプラスを買いました。

プレオプラスは小さいので、縦列駐車も楽だし、立体駐車場にも入れることができました。

もちろん、郊外にあるショッピングモールの大きな駐車場にも停めることができました。

通勤はもちろんのこと、食品や日用雑貨、衣類や靴の購入、美容院、そしてお金を下ろすためにもプレオプラスを使っていました。

私にとっての生活の一部と言ってよいぐらい、頻繁に使っていたプレオプラスでしたが、買ってから5回目の車検が来る前に、別の軽自動車に乗り換えをしました。

プレオプラスより、もう少しフロントフェースが可愛らしいクルマが欲しかったので、丸型ヘッドライトの軽自動車を購入しました。

プレオプラスは少しでも高く売却することを希望していたので、自宅のパソコンを使って、インターネットで高く売る方法を調査してみました。

その結果、車買い取り一括見積サイトを使えばベストプライスで中古車を売ることができることが理解できました。

私のプレオプラスは、このサイトを使って売ったのですが、トータル5社の中古車買取会社から買取額の見積りを貰うことができました。

その見積りを比べて、最も良い条件で買い取りをしてくれる中古車買取会社に私のプレオプラスを売りました。

僕は、大学生で大学そばの学生向けアパートに住んでいました。

車があった方が何かと便利だと思い、中古車販売会社で安く売られていた軽自動車を買いました。

その軽自動車は、スバルのプレオプラスでした。

僕は、家庭教師のアルバイトを掛け持ちしていたので、プレオプラスの維持費は何とか捻出することができました。

プレオプラスは、日常的な買い物の他に、友達とビリヤードやボーリング、カラオケといった遊びに行く時に使っていました。

また、長期連休で大学が休校の際に、実家に帰省するためにも使っていました。

プレオプラスがないときは、かなり生活範囲も狭かったし、不便な思いをしていましたが、プレオプラスから快適な学生生活を送れるようになりました。

その後、プレオプラスは大学を卒業する直前に売却をしました。

就職先は東京の都心になったので、就職後は電車通勤になることが決まったからです。

僕のプレオプラスは、この車を購入した中古車販売会社に買い取りをして貰いました。

プレオプラスを買ったところだったので、売る際も話はスムーズにできました。

売却価格はかなり安かったけど、もともと安い価格で購入をしたので、文句は言えません。

私は、長いことペーパードライバーで、その後にプレオプラスを購入しました。

プレオプラスにした理由は、クルマの四隅にセンサーが付いていて、障害物があると警告をしてくれるからです。

この機能があれば、狭い駐車場などでもクルマを擦ったりぶつけたりしないだろうと思いました。

実際、狭い駐車場でのハンドルの切り返しなどの時に、このセンサーにはすごく助けられました。

見通しの悪いバックでも、後ろに停めてある車を認識して知らせてくれました。

だから、私のプレオプラスのバンパーは全くの無傷でした。

また、車輪止めのない店舗の駐車場でも、お店の壁などにクルマをぶつけることなどを心配することなくクルマを停めることができました。

クルマの大きさはセンサーで確認できるので、自分のクルマの大きさが自分自身で把握できなくても大丈夫でした。

私のプレオプラスは、購入をしてから8年後に売りました。

長らく運転をしたので、運転が上手になったことと、最近流行っているハイブリッドカーに一度乗ってみたかったからです。

スマホでインターネット検索をして、中古車の売却方法についてチェックをしてみました。

チェックをして分かったのですが、インターネット車買取一括査定サイトを使えば、かなり高い価格で売却できることが判明しました。

そのサイトで、私のプレオプラスの査定を申し込んだのですが、数日後に計4社のクルマ買い取り専門業者から査定の案内を受けることができました。

私は、一番高い買値を付けてくれた買い取り業者に私のプレオプラスを買い取りして貰いました。

私は、小学生になる二人の子供を持つ母子家庭です。

元旦那は、ギャンブルをする金遣いの荒い人だったので、それが原因で喧嘩になり、離婚をしました。

子供の将来のことを考えると、離婚して私が働きに出た方が、子供の学費を確保できると考えたからです。

我が家で乗っているクルマは、プレオプラスです。

プレオプラスにした理由は、車に掛けるお金は必要最低限にしたかったからです。

職場に行くために車は必須だったのですが、車の維持費にお金が掛かっては、養育費や子供の学費を捻出できなくなります。

ですから、維持費の安い軽自動車のプレオプラスにしました。

プレオプラスは約10年間乗り続けたあと、別の軽自動車に乗り換えました。

単に古くなりすぎたので、クルマを新しくしたのです。

スマートフォンを駆使して中古車を高く売る方法を確認してみました。

確認した結果は、インターネット中古自動車買取一括査定サイトを使って売れば、高額でクルマを売れることが分かりました。

私のプレオプラスは、インターネット中古自動車買取一括査定サイト経由で売却をしたのですが、思っていた以上に良い値段を売ることができました。
 

プレオプラス(PLEO+)のスペック(現行モデル)

 

プレオプラスのバック

自動車メーカー 車種カテゴリ 新車価格[万円] 乗員定員[人]
スバル(富士重工業) 5ドア ハッチバック 89-135 4
総排気量[cc] カタログ燃費[km/L] エンジン種類 最高出力[ps]
658 34.2-35.2(JC08) 直列3気筒DOHC 49
最大トルク[N・m] 全長x全幅x全高[mm] 車重[kg] 駆動方式
57 3,395x1,475x1,500-1,510 650-740 FF/4WD

 

プレオプラス(PLEO+)の概要

 

PLEO+

プレオプラス(PLEO+)は、ダイハツから軽自動車のミライースのOEM供給を受けて、スバルで販売をしているクルマです。

特徴

  • 精悍さと愛着さの両方を兼ね備えたフロントフェイス
  • 毎日の利用で落ち着くことができるシックな内装デザイン
  • 運転席はシートの座面を下げることで頭上にゆとりを持たせ、ハンドルは体の近く、ペダルは少し距離を置くことで、自然な運転姿勢でのドライビングを実現
  • リアゲートは樹脂製で軽く、スイッチ操作で手動で簡単に開けることが可能
  • 最小回転半径は4.4mなので、小回りが利き、Uターンや縦列駐車も楽
  • リアのカーゴルームは、後席を前に畳むことで拡張が可能
  • 後席にもゆとりを持たせており、大人が座っても膝前にゆとりの空間を確保
  • 実用的な収納スペースとして、ボックスやトレイ、ショッピングフックやカップホルダーを用意
  • アクセスキー持っていれば、ドアに付いているリクエストスイッチを押すだけで解錠と施錠ができる「キーレスアクセス」を実現(一部モデルのみ)
  • アクセスキーと車両にはクルマの盗難を防ぐためのイモビライザー機能を装備(一部モデルのみ)
  • シミやソバカスなどの原因となる紫外線をカットする「UVカット機能付ガラス」を装備(一部モデルのみ)
  • 寒い日に背中と座面を暖めることができる「フロントシートヒーター」を搭載(一部モデルのみ)
  • 体格にあったドライビングポジションを得るための「チルトステアリング」と「運転席シートリフター」を装備(一部モデルのみ)
  • 設定した温度に自動調節してくれる「オートエアコン(プッシュ式)」を搭載(一部モデルのみ)
  • 燃焼効率の改善やエンジンパワーを効率よく伝えることで低燃費を実現
  • フロントフェンダーやリヤゲートに樹脂パーツを採用することで、車体の軽量化を実現
  • 優れた乗り心地と室内の静けさ、操縦安定性を実現した「軽量高剛性ボディ」を採用
  • 空力性能の改善や転がり抵抗の低減により、燃費性能を向上
  • ヘッドランプやストップランプ、テールランプなどにはLEDを採用することで、消費電力の低減を実現
  • 完全にクルマが停車する前から自動でエンジンを止める「停車前アイドリングストップ」により、燃料消費を抑制
  • エアコン作動時の燃費を良くできる「スクロール式エアコンコンプレッサー」を採用
  • 減速エネルギーを活用して、バッテリーを集中充電する「エコ発電制御」を搭載
  • クルマの四隅に設置されたコーナーセンサーが障害物を検知して、ドライバーに警告音で通知
  • 大型のデジタルメーターを採用しているので、速度を含めて、様々な情報が見やすい
  • 燃費に良い運転ができているかをチェックできる「エコドライブアシスト照明」を搭載
  • ヘッドライトを消し忘れても「ヘッドランプ自動消灯システム」により、一定時間後に自動消灯するので、バッテリー上がりを防ぐことができる
  • 方向指示器のレバーはターン位置で固定されず元の位置に戻るので、車線変更の際に楽
  • プレオプラスでスマートアシストVを装備しているモデルは国が推奨をしている安全機能搭載車の「サポカーS ワイド」に該当
  • 2017年度に行われた安全性能評価試験「予防安全性能アセスメント」で最高ランクの評価を獲得
  • 衝突回避支援システム「スマートアシストV」として「歩行者と他車との衝突を回避するための衝突警報機能と衝突回避支援ブレーキ機能」、「わき見などによる車線はみだしを防止する車線逸脱警報機能」、「駐車中にペダルの踏み間違えによる急発進を防ぐAT誤発進抑制制御機能」、「よそ見をしていて先行車が発進したのに気づかない場合の先行車発進お知らせ機能」、「ヘッドライトのハイビームとロービームを自動切換えすることで、夜間でも良好な視界を確保するハイビームアシスト」を装備
  • 小さなボディでも、優れた衝撃吸収性能と頑丈なキャビンにより、高い衝突安全性能を実現
  • 前からの衝突に対応した運転席と助手席用のデュアルSRSエアバッグを搭載(一部モデルでは、側方からの衝突に対応したSRSサイドエアバッグを装備)
  • 万一、歩行者とぶつかったことを想定して、フードやフェンダーなどには衝撃の吸収空間や緩和装置を設けた「歩行者傷害軽減ボディ」を採用
  • 万一の衝突時にしっかりとシートに体を固定してクルマから飛び出すのを防ぐ「プリテンショナー&フォースリミッター付フロント3点式ELRシートベルト」を装備
  • リア席にチャイルドシートを簡単かつ確実に固定する為の「ISOFIXチャイルドシートロアアンカレッジ&トップテザーアンカレッジ」を搭載
  • 発進や加速時のタイヤの空回りや横滑りなどを抑制するための「ビークルダイナミクスコントロール(VDC)」を装備
  • ブレーキ力を各車輪に適切に配分するEBD付きのABSにより、滑りやすい路面や急制動でも安定した停止が可能
  • 走行中にブレーキを掛けて急制動を行った場合に、ハザードランプを自動で高速点滅させることで、後続車へ注意喚起を行う「エマージェンシーストップシグナル」を搭載

モデルチェンジ変遷

初代プレオプラス
(2012年-2017年)
初代プレオプラスのLA300F/310F型を販売。
ダイハツからムーブのOEM供給を受けた車種で、ムーブとの主な違いはエンブレムのみです。
2代目プレオプラス
(2017年-現在まで)
2代目プレオプラスのLA350F/360F型を販売。
初代で導入されていた安全支援システム「スマートアシスト」は、さらに進歩をして、この代では「スマートアシストIII」が搭載されています(但し、
スマートアシスト機能が搭載されているのは一部モデルのみ)。

 

ナビクル車査定

page top