スバル レガシィツーリングワゴン売却時の買取相場価格

レガシィツーリングワゴン買取相場価格を知りたい方へ

 

スバルのレガシィツーリングワゴン

【レガシィツーリングワゴン買取査定の一例】
グレード 年式 走行距離 買取価格
レガシィツーリング
ワゴン 2.0GT
2003年 11万km 1万円

楽天 無料愛車一括査定


 

レガシィツーリングワゴンを売却した人の口コミ情報

 
僕は、冬季に雪が降り積もる地域に住んでいます。

車の走行安定性を考えると低重心のクルマが良いと考えたので、スバルのレガシィツーリングワゴンを購入しました。

レガシィツーリングワゴンは、その名の通りワゴンタイプのクルマなので、セダンと比較すると荷物もたくさん積むことができます。

つまり、レガシィツーリングワゴンはラゲージルームが広いので、それだけ実用的だと言えます。

僕は、冬季はスキーとスノボーの両方を楽しんでいます。

スキーとスノボーはどちらも板の上に乗っているという点では同じですが、板を操作する感覚は全く異なるので、はっきり言って別のスポーツです。

ですから、スキーとスノボーでは、それぞれ異なる楽しみがあります。

雪国生活を支えてくれていた僕のレガシィツーリングワゴンでしたが、購入してから年月が流れたため、雪にアドバンテージのある別の車種に乗り換えました。

愛用していたレガシィツーリングワゴンは、車買取一括見積りサイトを使って売りました。

このサイトを使うことで、合計4社のクルマ買取専門会社から買取のオファーを受けることができたので、もっとも良い値段を付けてくれた買取専門会社に自分のレガシィツーリングワゴンを売却しました。

僕は車高の低いステーションワゴンがかっこいいと思ったので、スバルのレガシィツーリングワゴンを購入しました。

レガシィツーリングワゴンは普段は、通勤にしか使っていませんが、週末は買い物などをする為によく利用をしています。

レガシィツーリングワゴンにして良かったと感じるのは、ホームセンターに行って、大型の物を購入した時です。

僕はDIYが好きなので、日曜大工をよくやります。

現在は、賃貸マンションに住んでいるのですが、それでも自作で二重窓を作ったりしました。

そのDIYの材料は、主にホームセンターで購入をするのですが、板などの材料を運ぶのに荷室の広いレガシィツーリングワゴンはとても重宝しました。

レガシィツーリングワゴンは4度目の車検をパスした後、約1年半ぐらい乗っていたのですが、そろそろ乗り換えのタイミングだと感じたので、同じような別のステーションワゴンを購入しました。

自分のスマホでクルマを高く売るための方法について調べてみたのですが、ネットクルマ買取一括査定サイトを用いるとベストプライスで売れることが分かりました。

このサイトに僕のレガシィツーリングワゴンの買い取りを相談したところ、複数のクルマ買取会社から買い取りできるとの返事を貰うことができ、一番良い買取条件を提示してくれた買取会社に僕のレガシィツーリングワゴンを売ることができました。

僕は雪が多く積もる秋田県に住んでいます。

雪が多いおかげて水を確保できて、夏には美味しいお米を作ることができるのですが、その反面、雪があると道路を走りにくくなるなどのデメリットもあります。

そんなデメリットを克服するための方法の一つとして、僕はレガシィツーリングワゴンに乗っています。

レガシィツーリングワゴンは、ユニークな水平対向エンジンを積んでいるので低重心となり、さらに雪道でのスタックに強い四輪駆動を採用しています。

そのため、レガシィツーリングワゴンは雪道などの悪路に対してとても走りやすいクルマとなっています。

冬季に道路の表面がアイスバーンになっていると、走行中に車がスリップして冷やりとすることがあったのですが、レガシィツーリングワゴン+スタッドレスタイヤで、その様なスリップをすることはほとんどなくなりました。

クルマを運転する上で安心感というのはとても大切なので、レガシィツーリングワゴンに乗って良かったと感じました。

その後、年月が流れてレガシィツーリングワゴンが古くなったので、次に乗る新車を買うことにしました。

次に購入したクルマも雪道に強いスバル車にしました。

今まで使ってきたレガシィツーリングワゴンは高く売却したかったので、家のパソコンを使って見つけたインターネット中古自動車買取一括査定サイトで売りました。

僕のレガシィツーリングワゴンは低年式車となっていましたが、それでもかなり良い値段で売却することができました。

私は、実用性がありつつも速いクルマが好みなので、スバルのレガシィツーリングワゴンに乗っていました。

レガシィツーリングワゴンは、レガシィのスポーティーバージョンなので、様々な点で安定して速い走りが出来る様にチューニングされています。

だから、走っていてストレスを感じることはほぼないです。

レガシィツーリングワゴンは、アクセルを踏み込むともたつくことなくスムーズに加速をしてくれます。

レガシィツーリングワゴンは、ボディ剛性や足回りのサスペンションが改良されており、カーブでの横Gに対しても踏ん張りの利く設計となっています。

また、レガシィツーリングワゴンは大容量の荷室を備えているので、走りだけでなく実用性も兼ね備えていました。

いくら楽しく走ることができても、荷物がほとんど積めなくて実用性がないクルマは私的にはNGです。

兎に角、所有者が不便なく使うことができる車が最高のクルマだと私は思います。

運転する喜びとクルマとしての実用性を提供してくれていたレガシィツーリングワゴンですが、買ってから10年が過ぎた時に、車の買い替えを決意しました。

スマートフォンを使って、今まで乗ってきたレガシィツーリングワゴンの売却先を探したのですが、最終的に中古車買取一括見積サイトを使って売りました。

このサイトへ売る車の査定を頼むことで、複数の車買取業者から買取額の提示を受けることができます。

買取額を比較することで、高額で自分のクルマを売ること可能です。
 

レガシィツーリングワゴン(LEGACY TOURING WAGON)のスペック(最終モデル)

 

レガシィツーリングワゴンのリアサイド

自動車メーカー 車種カテゴリ 新車価格[万円] 乗員定員[人]
スバル(富士重工業) ステーションワゴン 236-418 5
総排気量[cc] カタログ燃費[km/L] エンジン種類 最高出力[ps]
1,998-2,498 10.2-14.4 2.5L DOHC/
2L 水平対向4気筒DOHC直噴ターボ
170-300
最大トルク[N・m] 全長x全幅x全高[mm] 車重[kg] 駆動方式
400 4,775-4,800x1,780x1,520-1,535 1,330-1,540 4WD

 

レガシィツーリングワゴン(LEGACY TOURING WAGON)の概要

 

LEGACY TOURING WAGON

レガシィツーリングワゴン(LEGACY TOURING WAGON)は、富士重工業が生産するステーションワゴンです。

可変トルク配分の4WDと車の低重心設計を可能とする水平対向エンジンなどの特徴があります。

特徴

  • ボディサイズが拡大されたので、車内空間が広くなり、従来以上にくつろげる様になりました。
  • 事故回避システムとして車の横滑り防止装置を装備しています。
  • 悪路に強いAWD(All Wheel Drive[オールホイールドライブ])システムを採用しています。
  • 水平対向ボクサーエンジンなので、振動が少なく、かつ低重心という利点があります。
  • ホイールベースが延長されたので、キャビンの居住性が向上し、ロングドライブでも楽しく過ごせます。

モデルチェンジ変遷

初代レガシィ
ツーリングワゴン
(1989年-1993年)
初代レガシィツーリングワゴンのBC/BF系を販売。
新開発された水冷式の水平対向4気筒エンジンを採用しています。点火タイミングをコントロールする電子制御インジェクションや4バルブヘッドなど当時としては、最先端の技術が投入をされました。このエンジンのターボ仕様は、当時としては高出力の220psを叩きだすことができました。
2代目レガシィ
ツーリングワゴン
(1993年-1998年)
2代目レガシィツーリングワゴンBD/BG系を販売。
フロントグリルが初代の逆台形型から台形型に変更となりました。すそ野が広がる山の様なイメージがあり、安定感を感じることができるフロントデザインです。
3代目レガシィ
ツーリングワゴン
(1998年-2003年)
3代目レガシィツーリングワゴンのBE/BH系を販売。
先代まであったFF仕様グレードがなくなり、全グレードで4WDとなりました。ヘッドライトが上下2灯式となりライトに厚みが出た分、重厚感がまし、高級車をイメージさせるフロントとなっています。また、特筆すべき点は衝突安全性試験で運転席、助手席ともに最高レベルのAAAという試験結果を出し、衝突時の安全性を証明しました。
4代目レガシィ
ツーリングワゴン
(2003年-2009年)
4代目レガシィツーリングワゴンのBL/BP系を販売。
3代目までボディサイズは5ナンバー枠に収まっていたが、衝突安全の向上のために車幅を3.5cm拡張しました。その結果、3ナンバーのボディサイズとなりました。ボディサイズは大きくなり安全性の向上を果たしましたが、それと同時に軽量化にも成功をしています。
5代目レガシィ
ツーリングワゴン
(2009年-2014年)
5代目レガシィツーリングワゴンのBM/BR系を販売。
北米市場での需要に対応するために、先代よりさらにボディサイズが大きくなり室内空間が広まりました。車体の拡大に伴いエンジン排気量の拡大も行われ、従来よりパワーのあるエンジンが搭載されました。

 

楽天 無料愛車一括査定

page top