スバル レヴォーグ(LEVORG)売却時の買取相場価格

レヴォーグ買取相場価格を知りたい方へ

 

スバルのレヴォーグ

【レヴォーグ買取査定の一例】
グレード 年式 走行距離 買取価格
レヴォーグ 2.0 STI スポーツアイサイト 2018年 1万km 282万円

かんたん車査定ガイド


 

レヴォーグを売却した人の口コミ情報

 
僕は、知人にスバル系の自動車ディーラーに勤めている方がいたので、スバルのレヴォーグに乗っていました。

レヴォーグは、衝突安全性能がとても優れているとお勧めをされたので、購入しました。

レヴォーグの車両フレームには、乗員が乗るキャビン部分を守る様に周囲のフレーム部分が衝撃を吸収する衝突安全ボディが採用されています。

また、レヴォーグで前面衝突が起きた際は、水平対向エンジンが衝撃を吸収し、かつ水平対向エンジンはクルマの床下に潜り込みやすい構造となっています。

さらに、レヴォーグには、運転席部分に「頭部を含めた上半身を守るエアバッグ」と「膝を守る二―エアバッグ」、助手席部分に「通常のエアバッグ」、そして運転席と助手席の「側面を守るサイドエアバッグ」、さらに、後部席を含めた「全ての乗員を守るためのカーテンエアバッグ」が搭載されています。

さらに、交通事故防止のための追突防止自動ブレーキなどもレヴォーグには搭載をされているので、クルマの中では最高レベルの安全性を確保できています。

僕は、クルマは確実かつ安全に移動できることが最も重要と考えているので、レヴォーグにはとても満足していました。

そんな僕のレヴォーグですが、買ってから12年間が経過した時に、車が古くなったので別の車を買うことにしました。

僕が所有していたレヴォーグは、ネットで調べたら中古自動車買取一括見積サイトを使えば高く売却できると知ったので、このサイトを使って売りました。

僕のレヴォーグは、中古車市場での売買価格より高い価格で売却することができたので、良かったです。

僕は、一人旅が好きで、連休の時はレヴォーグに乗って旅行に出かけます。

その時は、レヴォーグの後部座席を前に倒すことで、カーゴルームの拡張を行い、そこに自転車のロードバイクを積む様にしています。

レヴォーグに乗って観光ポイントまで出かけて、レヴォーグは宿や駐車場に止め、そこからはロードバイクに乗って観光地巡りをします。

僕は、ラーメンが好きなので、観光名所を見るだけでなく、その地域で美味しいと評判のラーメン屋にも行くようにしています。

レヴォーグを買って良かったと思う点のは、自転車が積めることです。

旅先で自転車に乗れると、一気に行動範囲が広がります。

狭い範囲に観光ポイントが沢山ある場合は、クルマだけだと駐車場所を探すのが大変だし、徒歩だと観光ポイントを周るのに時間が掛かってしまいます。

ですから、僕にとっては今はレヴォーグの様な自転車を搭載できるクルマは必需品となっています。

長年使い続けたレヴォーグですが、6回目の車検が来る前に次に乗る車を検討して購入をしました。

次に買ったクルマも自転車を積むことができる車です。

クルマの買い替えの費用負担を減らしたかったので、自分のレヴォーグを高く売りたいと思いました。

スマホを使って、どうすればレヴォーグを高額で売却できるかをネットでチェックしてみたのですが、クルマ買い取り一括査定サイトを使えば高い値段で売れることが分かりました。

このサイトを利用して、僕のレヴォーグを売ったのですが、年式の古いクルマでしたが、かなり良い値段で売却することができました。

私は、すでに結婚をしていますが、子供はいません。

そんな私たち夫婦の趣味は、ゴルフです。

スバルのレヴォーグは、二人分のゴルフバッグならまったく問題なく積載できるので購入をしました。

週末は、ほぼ毎週、レヴォーグに乗って地元にあるゴルフの打ちっぱなしに出かけました。

ゴルフの打ちっぱなしでも、ドライバーでフルスイングして、ボールがきれいに飛んで行ったときは、すごく気持ちいいです。

また、年に数回は、レヴォーグを運転してゴルフ場に行っていました。

ゴルフコースを周ると、かなりの距離を歩くので、健康にもすごく良いです。

私たち夫婦の共通の趣味であるゴルフをするのに役立ってくれていたレヴォーグですが、乗り始めてから9年が経過した時点で、次の自動車を購入することを決めました。

今まで乗ってきたレヴォーグをどうするか悩みましたが、ネット中古車買取一括査定サイトで売るとベストな価格で売れることが判明したので、このサイトを使って僕のレヴォーグを売りました。

僕のレヴォーグは、そこそこ古いクルマだったのですが、予想していた以上に、高額で売却することができました。

私は、子供の頃にバイオリンを習っていて、大人になった今でもアマチュアとしてバイオリンを弾いています。

レヴォーグの主な使い道は、会社への通勤でしたが、地元の市民オーケストラに参加をしているので、その活動をする為にもレヴォーグを使っていました。

市民オーケストラの活動で演奏をする時は、レヴォーグの荷室に私のバイオリンを積んでいきます。

レヴォーグには水平対向エンジンという、エンジンの中にあるピストンの振動を打ち消す動作をするエンジンが搭載されているので、エンジンの振動が小さいです。

バイオリンなどの楽器は、振動が加わると悪影響がでる可能性があるので、その点、クルマの振動が少ないレヴォーグは安心でした。

今は、私は会社勤めのOLをしていますが、将来的にはバイオリンで生計を立てれたらと考えています。

路上演奏でのチップやYouTubeに演奏動画をアップするなど、楽器演奏者が収入を得やすい環境となっています。

自分の夢は、自動車で日本全国を周りながら各地で路上演奏をすることです。

今、私が乗っているレヴォーグはリピート買いをした2代目です。

最初に買ったレヴォーグは、スバル系の自動車販売会社に下取りして貰いました。

最初に買ったレヴォーグを下取りに出したので、私にとっての2代目レヴォーグは大幅なディスカウント価格で購入することができました。
 

レヴォーグ(LEVORG)のスペック(現行モデル)

 

レヴォーグの横部分

自動車メーカー 車種カテゴリ 新車価格[万円] 乗員定員[人]
スバル(富士重工業) 5ドアステーションワゴン 286-405 5
総排気量[cc] カタログ燃費[km/L] エンジン種類 最高出力[ps]
1,599/1,998 13.2-16.0(JC08) 水平対向4気筒 直噴DOHCターボ 170/300
最大トルク[N・m] 全長x全幅x全高[mm] 車重[kg] 駆動方式
250/400 4,690x1,780x1,485-1,500 1,520-1,580 4WD(AWD)

 

レヴォーグ(LEVORG)の概要

 

LEVORG

レヴォーグ(LEVORG)は、スバルが製造、販売を行っている走りの楽しさを味わえるGTツアラー(ステーションワゴン)です。

特徴

  • 鋭さのあるヘッドライト形状でパワフルさを感じさせるフロントフェース
  • ブラックとシルバーを基調とした落ち着いた雰囲気があり、かつ高級感のあるインテリア
  • グレードに合わせて、1.6リッターと2.0リッターの2種類のガソリンエンジンを用意
  • 1.6リッター車には、トランスミッションに小型かつ軽量の「リニアトロニック」、四輪駆動システムには「新世代アクティブトルクスプリットAWD」を搭載
  • 2.0リッター車には、トランスミッションに力強い加速感と応答性の良い変速を楽しめる「スポーツリニアトロニック」、四輪駆動システムにはにはスポーティなドライビングに適した「VTD-AWD」を搭載
  • 経済性重視のマイルドな走りや、アクセスレスポンスのよい加速感のある走りなどの走行特性を変更できる「SI-DRIVE」を搭載
  • 信号待ちなどのクルマが停止している時にエンジンを自動停止して、燃料消費や排出ガスを抑制する「アイドリングストップ」を装備(1.6リッター車のみ)
  • 日本の道路事情に合ったバランスの取れたボディサイズを実現
  • 後部座席には「4:2:4分割可倒式リヤシート」を採用しており、リヤシートの中央部分を前に倒すことで、後ろに2名乗車していても長い荷物の運搬が可能
  • 荷室は522リッター分の積載が可能で、床面がフラットなので、効率よく荷物の積み込みが可能
  • リアゲートを開いた時の開口部は大口なので、荷物の積み降ろしがしやすい
  • 荷室の床下には、浅底の7リッターと深底の33リッターの2つの大型サブトランクを用意
  • 荷室には買い物袋などを吊り下げる為のフックを2か所、小物類を入れるためのポケットを2か所、装備
  • プライバシー保護や荷物の盗難などを防ぐためのトノカバーを装備
  • 足元だけでなく左右席間にもゆとりを持たせており、ロングツーリングも快適に過ごせる
  • 遮音材や吸音材、制振材を適切に用いることで、静かな室内空間を実現
  • ボディ底にアンダーカバーやルーフ後端にスポイラーを装備することで空気抵抗を低減して、走行性能と燃費性能を向上
  • ドライバーが急ブレーキを掛けた時に、自動でハザードランプを高速点滅させることで、後続車に追突を予防するための注意喚起を行う「エマージェンシーストップシグナル」を搭載
  • サイドターンランプの点滅状態を確認できる「ターンインジケーター付ドアミラー」を装備
  • 速度やエンジン回転数などを表示する大型メーターと基本的なドライブ情報を伝える3.5インチカラー液晶ディスプレイを備えた「マルチインフォメーションディスプレイ付ルミネセントメーター」を搭載
  • 燃費やメンテナンスなどのクルマに関する様々な情報を表示する5.9インチ大型カラー液晶画面「マルチファンクションディスプレイ」を搭載
  • 停車後にブレーキから足を離しても停止状態を継続して、ドライバーの運転負担を軽くする為の「オートビークルホールド」を装備
  • スイッチを押すだけで、パーキングブレーキの作動と解除ができる「電動パーキングブレーキ」を採用
  • 車のキーをドアに差し込まなくても、アクセスキーを所持していれば簡単に前席の解錠と施錠ができ、エンジンスタートはボタンを押すだけで行える「キーレスアクセス&プッシュスタート」を搭載
  • 手によくなじむ本革巻ステアリングホイールを採用しており、MT感覚の運転も楽しめるパドルシフト機構も付属
  • 運転席と助手席のシートは前後と前方向の角度、上下、背もたれの位置調整が電動でできるパワーシートを搭載
  • 運転席と助手席で、それぞれ異なる温度設定ができる「左右独立温度調整機能付フルオートエアコン」を搭載
  • 前席に乗車している人が利用しやすい小物の収納に便利な「ブルー照明付センタートレイ」を装備
  • 前席用に2か所、後席用に2か所、スマートフォンなどの充電ができるUSB電源を用意
  • ドライバーが後方を含めた全方向で良好な視界を得られるようにウインドウ領域を設計
  • ヘッドライトはハイ・ローで1灯の高輝度LEDを共用しており、夜間の視認性を確保
  • ステアリングの切り角に合わせて、ヘッドランプの照らす向きを変える「ステアリング連動ヘッドランプ」により、良好な前方確認の環境を実現
  • フロントシートは、乗り心地が良く、体をしっかりと支えて、長距離ドライブでも運転に集中しやすいシートを採用
  • 安全性を高めるために、前席だけでなく、後席にも対応した「シートベルト未装着ウォーニングランプ&ブザー」を装備
  • 質の高い乗り心地と軽快な走りを両立させた「高剛性シャシー&ボディ」を採用
  • コーナリングなどでのクルマの横滑りを抑えて、車の安定走行を支える「ビークルダイナミクスコントロール(VDC)」を装備
  • カーブでの旋回性能を高めて、走行ラインが外側に膨らむのを抑える「アクティブ・トルク・ベクタリング」を搭載
  • 行政が交通事故防止の為に推奨をしている安全機能搭載車の「サポカーS ワイド」に該当
  • 国土交通省と自動車事故対策機構が2017年度に行った安全性能評価試験「予防安全性能アセスメント」で、最高ランクの「ASV++」を獲得
  • 衝突しないための、自動ブレーキで衝突を回避または被害を軽減する「プリクラッシュブレーキ」と「後退時自動ブレーキシステム」、人為的ミスによる急発進などを防ぐ「AT誤発進・誤後進抑制制御」を搭載
  • 運転の疲労を軽減するための、先行車に追従して走る「全車速追従機能付クルーズコントロール」と意図せずに車線からはみ出るのを防ぐ「車線逸脱抑制」を搭載
  • 死角にいる他車に気づくための、車線変更や狭い駐車場からバックで出る際に他車が近づいていることを知らせる「スバルリヤビークルディテクション(後側方警戒支援システム)」を搭載

  • 夜間に良好な視界を得るためにヘッドライトのハイビーム・ロービームを自動で切り替える「ハイビームアシスト」を搭載
  • 後方確認に使うルームミラーは、後続車のライトで眩しくなるのを防ぐ「自動防眩ルームミラー」を採用
  • 後席に人が座っていたり、荷物を沢山積んで、ルームミラーの後方視界が遮られている時に、荷室のガラス内側から後方に向けて設置してあるカメラの映像をルームミラーに表示することで、後方確認を補佐する「スマートリヤビューミラー」を搭載
  • 狭い道への侵入や道路端への幅寄せ駐車などをサポートする「フロント&サイドビューモニター」を搭載
  • 様々な方向からの衝突に対応した「衝突安全ボディ」を採用
  • あらゆる方向からの衝突に対応する為の、計7個のSRSエアバッグを装備
  • 第三者機関が行っている新・安全性能総合評価で最高評価のファイブスター賞を受賞

モデルチェンジ変遷

初代レヴォーグ
(2014年-現在まで)
初代レヴォーグのVM型を販売。
4代目のインプレッサを基として、WRXと共通設計を行うことで、経営資源の効率化とコストダウンを実現した車種です。自動車事故対策機構と国土交通省で行っている予防安全性能アセスメントの評価試験で満点を取得しており、非常に安全性の高い車です。

 

かんたん車査定ガイド

page top