BMW 3シリーズ売却時の買取相場価格

BMW3シリーズ買取相場価格を知りたい方へ

 

BMW 320i

【BMW3シリーズ買取査定の一例】
グレード 年式 走行距離 買取価格
320i 2012年 5万km 160万円

ナビクル車査定


 

BMW3シリーズを売却した人の口コミ情報

 
僕は、一部上場会社で課長職を勤めています。

そんな僕が乗っているクルマは、BMW3シリーズでした。

BMW3シリーズの車両本体価格は最低でも500万円なので、決して安い買い物ではなかったのですが、購入して乗ってみると価格相応の価値は十分にありました。

BMW3シリーズはスポーツセダンだけあって、エンジンの最大出力は374psとスーパーカー並みのパワーがありました。

BMW3シリーズのクルマを加速させると、背中がシートに押し付けられてGを感じることができるほどの加速力がありました。

また、BMW3シリーズの前後の重量配分は理想的な5:5になっていたので、コーナリングでもとても安定した走行ができました。

僕は、安全運転に徹したのですが、それでも十分にBMW3シリーズのポテンシャルの高さを実感することができました。

BMW3シリーズは買ってから4度車検を通過させて1年ほど経過した時に、替え時が来たと感じたので、別のクルマに乗り換えを行いました。

僕の自宅にあるネット接続したノートパソコンを使って、僕のBMW3シリーズの売り先を探してみました。

すると、車買取り一括査定サイトを使えば、高額売却出来ることが分かりました。

僕のBMW3シリーズは、この一括査定サイトを使って売ったのですが、中古自動車マーケットで取引されている価格以上の良い値段で僕のBMW3シリーズを売却することができました。

私は、以前からドイツ車に乗りたいと思っていたので、BMW3シリーズを購入しました。

ドイツには速度無制限のアウトバーンという高速道路があり、また有名なニュルブルクリンクというサーキットがあるので、車の基本性能は成熟していると感じています。

私が購入したBMW3シリーズは、基本的な走行性能だけでなく、安全性能もとても優れていました。

また、特筆すべき点は、クルマに標準装備されている搭載カメラが、ドライブレコーダーとしても使えるという点でした。

だから、万一、交通事故に遭った場合でも、事故当時の映像が残るので、事故原因の解明にも繋がり易くなります。

また、走行中にあおり運転や進路妨害などを受けた場合には、証拠として映像を残すことができました。

このため、私にとってはBMW3シリーズは安心して乗ることができるクルマでした。

この様に私に安心感を与えてくれたBMW3シリーズでしたが、4度目の車検をパスさせたのちに、買い替えタイミングがやってきたと感じたので、別のドイツ車に買い替えをしました。

私が普段使っているスマホで、中古車を高く売るためにはどうしたらよいかをチェックしたのですが、クルマ買取一括見積サイトを使うと高額で売れることが判明しました。

私が所有しているBMW3シリーズの査定見積りを、この一括見積りサイトを使って売ったのですが、合計5社の中古自動車買取会社から査定見積りを貰うことができたので、比べた上でかなり良い価格で私のBMW3シリーズを売ることが出来ました。

私のBMW3シリーズから他のクルマへの乗り換えは、かなり上手くいったと感じています。

私は、弁護士事務所を経営しています。

弁護士3人で共同経営している会社で、各々の弁護士が其々の得意な法律分野を活かすことで、幅広い法律問題を解決しています。

私が事務所に行くために使っているクルマは、BMW3シリーズでした。

私のBMW3シリーズは、顧客先に行くためにも使っていたので、業務用とプライベート用を兼ねたクルマでした。

顧客先から信頼を獲得するためには、あまり安っぽいクルマに乗るわけにいかないので、BMW3シリーズを購入して使っていました。

BMW3シリーズを購入した際は、購入費用の半分は経費にして、半分は自分持ちとしました。

クルマを乗り換える際も、半分は経費にできるので、割と早い段階でクルマの買い替えを行っていました。

私が乗っていたBMW3シリーズも、3回車検を通過させて、1年ぐらい経った時に、別の高級車に乗り換えをしました。

いつも新車を買っている自動車販売会社があるのですが、BMW3シリーズを乗り換えする時は、その自動車販売会社に私が乗っていたBMW3シリーズを下取りして貰いました。

下取車としてBMW3シリーズを自動車販売会社に提供することができ、また私が常連客ということもあり、新しく買ったクルマは、大幅割引で購入をすることができました。

僕は、YouTuberです。

自分の好きなことをやった動画をアップさせることで、再生回数を稼いで、生計を立てています。

そんな僕が乗っているクルマは、BMW3シリーズです。

僕はBMW3シリーズを購入した際に、動画を撮ってクルマの紹介をしました。

また、動画撮影のための移動にもBMW3シリーズを使っていました。

ですから、完全に仕事用として使っていたクルマでした。

僕がBMW3シリーズを買った理由は、動画映えするからです。

国産車だとありきたりすぎるので、再生回数が稼げないだろうと思ったのでドイツ車にしました。

また、BMW3シリーズは高い衝突安全性能を持っていたことも購入動機の一つです。

BMW3シリーズは、欧州で行われている「Euro NCAP」という衝突安全試験で、星5つの最高評価を得ていました。

だから、最悪の事態と言える、他車との衝突事故でも、BMW3シリーズなら乗員が乗っているキャビンが押しつぶされることなく死傷する可能性が低いと言えました。

仕事で長らく使用し続けていた僕のBMW3シリーズですが、購入をしてから10年経過した時に、一区切りが来たと思ったので、車を新しくしました。

僕がいつも使っているスマートフォンで、クルマの売却先を検討してみたのですが、インターネット自動車買い取り一括見積りサイトを使って売れば、高い値段で売れることが分かりました。

この一括見積りサイトに、僕のBMW3シリーズの見積りを申し込みしたのですが、申し込みをして暫くしてから全部で3社の中古自動車買取専門業者から見積書を送って貰うことができました。

僕は、入手した見積書を見比べてから僕のBMW3シリーズの売却先を決めたので、かなりの高額で自分のBMW3シリーズを処分することができました。
 

BMW 320i SEのスペック(現行モデル)

 

BMW3シリーズの側面

自動車メーカー 車種カテゴリ 新車価格[万円] 乗員定員[人]
BMW セダン 427 5
総排気量[cc] カタログ燃費[km/L] エンジン種類 最高出力[ps]
1,997 16.6 直列4気筒DOHC 184
最大トルク[N・m] 全長x全幅x全高[mm] 車重[kg] 駆動方式
270 4,625x1,800x1,440 1,500 FR/4WD

 

BMW 3シリーズの概要

 

ビーエムダブリュ スリーseries

BMW 3シリーズは、ドイツの自動車メーカーBMWのコンパクトセダンです。

BMWで最も売れ筋に量販車種シリーズです。

特徴

  • BMWらしいダイナミックスとエレガントさを兼ね備えた個性的なスタイルを採用しています。
  • 人間工学に基づき、ドライバーに操作しやすいように設計された内装レイアウトとなっています。
  • ナビゲーションやオーディオを直感的に操作できるiDriveを搭載しています。
  • 高級感のある洗練されたインテリアデザインとなっています。
  • 燃料消費を抑えた経済的なECO PROモードを搭載しています。
  • 走りにこだわったSportと気品と華やかさにこだわったLuxuryモデルがあります。

モデルチェンジ変遷

初代BMW3シリーズ
(1975年-1983年)
初代BMW3シリーズE21を販売。
基本グレードには丸型2灯式ヘッドライト、上級グレードには4灯式のヘッドライトを採用しました。当時としては斬新な曲線を生かしたフロントデザインとなっていました。日本国内では、バルコムトレーディングカンパニーがBMWの総輸入元として正規輸入を行っていましたが、1981年にBMWジャパンが設立されたの期に、業務の移管が行われました。BMWジャパンの販売網が不十分であったことから並行輸入も多数行われました。
2代目BMW3シリーズ
(1982年-1994年)
2代目BMW3シリーズE30を発売。
先代よりボディの曲面が強調されており、より丸みのある印象を受けるエクステリアとなっています。2ドア・4ドアセダン、スポーツセダン、ステーションワゴン、カブリオレとバラエティに富んだラインナップが用意されました。1980年代末から1990年代初頭にかけて、日本では空前のバブル景気が到来したため、BMWはオシャレな外車として人気車種となりました。
3代目BMW3シリーズ
(1990年-2000年)
3代目BMW3シリーズE36を発売。
ボディサイズが一回り大きくなり、安全性と室内の快適性の向上が図られました。フロントフェイスは異形2連x2のヘッドライトとその横のオレンジ色の方向指示器により、従来までのイメージとはことなる近代的なフォルムとなりました。円高とバブル景気により、BMWジャパンは売り上げを大きく伸ばしました。
4代目BMW3シリーズ
(1998年-2007年)
4代目BMW3シリーズE46を発売。
フロントグリル上部のボンネット部分が1段高いデザインとなっており、曲線と直線を上手に使った気品のあるフロントとなっています。クーペとツーリングが登場をしました。
5代目BMW3シリーズ
(2005年-2012年)
5代目BMW3シリーズE90を発売。
車体が一回り大きくなり、ずんぐりとした印象を受けるボディとなっています。
6代目BMW3シリーズ
(2012年-現在まで)
6代目BMW3シリーズF30を発売。
各グレード毎に、エクステリアとインテリアの異なるSport/M Sports/Luxury/Modernのデザインモデルが用意をされました。

 

ナビクル車査定

page top