トヨタ RAV4(ラヴフォー)売却時の買取相場価格

RAV4買取相場価格を知りたい方へ

 

トヨタのRAV4

【RAV4買取査定の一例】
グレード 年式 走行距離 買取価格
RAV4 2.4 スポーツ 4WD 2010年 10万km 56万円

かんたん車査定ガイド


 

RAV4(ラヴフォー)のスペック

 
自動車メーカー 車種カテゴリ 新車価格[万円] 乗員定員[人]
トヨタ自動車 3/5ドアクロスオーバーSUV 5-7
総排気量[L] カタログ燃費[km/L] エンジン種類 最高出力[ps]
1.8/2/2.2/2.4/2.5 9.8-15.6 直4/直4DOHC 125-170
最大トルク[N・m] 全長x全幅x全高[mm] 車重[kg] 駆動方式
181.4-224 3,705-4,600x1,695-1,815x1,645-1,690 1,160-1,530 FF/4WD
 

RAV4(ラヴフォー)の概要

 
RAV4(ラヴフォー)は、乗用車のモノコックを基として設計された実用性の高いコンパクトなクロスオーバーSUVです。

特徴

  • 国内で初めて乗用車のコンポーネントを流用して開発されたクロスオーバーSUV
  • 初代は5ナンバー枠のボディサイズだったが、2代目以降はボディサイズの拡大を図り3ナンバー枠のボディサイズ
  • 様々なアウトドア用品の積載を考慮して、フロアは撥水加工を施している
  • 地上高が高いので、路面状況の悪い悪路も走破が可能
  • 4代目は海外専売車のため日本国内では販売されていないが、2019年に発売される5代目は日本国内で販売することを決定済み

モデルチェンジ変遷

初代RAV4
(1994-2000年)
初代RAV4のXA1#型を販売。
街乗りに適した快適性と操縦安定性を兼ね備えつつ、悪路に強い4WDや車体地上高の高さ、ボディ下部の保護のための樹脂プロテクターも装備をしています。舗装されたオンロードだけでなく、未舗装のオフロードの走破性を高めるためにフルタイム4WDとしており、リアサスペンションには強度のある鍛造リンクを用いた仮想球面支持の専用部品を採用しています。1995年4月には室内の長さを延長して、快適性を向上した5ドアのRAV4 V(ラヴフォーファイブ)も販売。マイナーチェンジを1996年8月に行い、要望の強かった3ナンバーサイズのスポーツモデルTypeGを発売、
2代目RAV4
(2000-2005年)
2代目RAV4のXA20W型を販売。
室内空間が狭いという初代の欠点を改善する為にボディサイズの拡大を図り、すべてのグレードで3ナンバー枠のボディサイズに変更が行われています。内外装の強化も行われ、シティユースに於ける利便性の向上を図っています。2000年に低排出ガス車認定制度が施行されたが、その認定を受けた初めての車種です。
3代目RAV4
(2005-2016年)
3代目RAV4のXA30W型を販売。
欧州規格であるCセグメントに対応した新開発のFF車用のプラットフォームを採用しています。全グレードでスムーズな加速を実現でき、部品点数が少なくて済み小型化ができるCVT(無段変速機)を採用。先代までは、4WDはセンターデフとビスカスカップリングで実現をしていたが、この代からは電子制御式の4WDに変更をしています。海外市場で要望の強かったボディサイズのアップも行っており、それに伴い3ドアのグレードはなくなり、全グレードで5ドアとなっています。トヨタのネッツ店のみで販売が行われ、フロントエンブレムはトヨタの「T」マークではなく「N」マークを採用しています。
4代目RAV4
(2013-2018年)
4代目RAV4を販売。
日本国内では未発売で、主に北米と欧州市場をターゲットとして海外で販売をされています。この車種の海外売り上げはとても好調で、2016年と2017年の世界のSUV販売台数で、ナンバーワンとなっています。なお、2019年に5代目RAV4が販売されますが、5代目は日本国内でも販売することが予定されています。
 

かんたん車査定ガイド

page top