トヨタ クラウンロイヤル(CROWN Royal)売却時の買取相場価格

クラウンロイヤル買取相場価格を知りたい方へ

トヨタのクラウンロイヤル

【クラウンロイヤル買取査定の一例】
グレード 年式 走行距離 買取価格
クラウン
ロイヤルサルーン
2005年 13万km 22万円

かんたん車査定ガイド


クラウンロイヤル(CROWN Royal)のスペック(現行モデル)

自動車メーカー 車種カテゴリ 新車価格[万円] 乗員定員[人]
トヨタ自動車 ハッチバック 363-495 5
総排気量[cc] カタログ燃費[km/L] エンジン種類 最高出力[ps]
2,499 11.4 V型6気筒 203
最大トルク[N・m] 全長x全幅x全高[mm] 車重[kg] 駆動方式
243 4,895x1,800x1,460-1,475 1,540-1,680 FR/4WD

クラウンロイヤル(CROWN Royal)の概要

クラウンロイヤル(CROWN Royal)はトヨタ車の最高級車種として君臨をしています。

特徴

  • トヨタの定番高級サルーンなので、クラウンロイヤルは耐久性、信頼性があり、乗っていて安心できます。
  • 迫力ある大型フロントグリルに王冠エンブレムが取り付けられたフロントデザインは圧倒的な迫力があります。
  • ライトをハイビームにしても前方車両に眩しい思いをさせない遮光システム(アダプティブハイビームシステム)を搭載しています。
  • 走行中であってもヘッドランプクリーナーにより、ヘッドランプケースの洗浄が可能です。
  • 曲がり道でも的確にライトの当たる位置を制御するインテリジェントAFSを搭載しています。
  • 上空から俯瞰した様な映像で駐車をサポートするパノラミックビューモニターを装備しています。

モデルチェンジ変遷

1999年9月 クラウン11代目の登場時に、従来ハードトップと言われていたタイプの車両をクラウンロイヤルに呼び名を変更しました。
全高が高く快適性に優れていました。2001年8月にはマイナーチェンジにより、クラウンロイヤルにマイルドハイブリッドシステム搭載車が追加されました。
2003年12月 プラットフォームの見直しが行われ、クラウンロイヤルのボディサイズは全体的に1-2cm大きくなりました。
その結果、室内空間も広くなり居住性が良くなりました。また車の重量バランスの改善が行われた結果、運動性能の向上に繋がりました。2005年10月にはフロントやリアのデザイン変更が行われ、高級感をアップするマイナーチェンジが実施されました。
2008年2月 ブランド名が「ロイヤル」から「ロイヤルサルーン」に変更をされました。

(先代まであった廉価版モデルの「ロイヤルエクストラ」は無くなりました。)
クラウンロイヤルのエクステリアは先代を踏襲していて、重厚な印象を受けるデザインでした。また、ハイヤー市場に投入するためのハイヤー仕様の「Kパッケージ」や「Hパッケージ」が用意されました。2010年2月にマイナーチェンジを受け、レギュラーガソリン用のエンジンが用意をされました。価格を低く設定したエントリーグレードも追加されました。
2012年12月 存在感のある大柄なグリルを採用し、クラウンロイヤルはパワフルな印象を受ける外観となりました。
ブランド名は「ロイヤル」に戻されました。エンジン排気量は2.5Lに統一をされました。駆動方式はFRと4WDを選択することが出来ます。

かんたん車査定ガイド