スズキ スイフト(SWIFT)売却時の買取相場価格

スイフト買取相場価格を知りたい方へ

スズキのスイフト

【スイフト買取査定の一例】
グレード 年式 走行距離 買取価格
スイフト XG 2006年 10万km 7万円

かんたん車査定ガイド


スイフト(SWIFT)のスペック(現行モデル)

自動車メーカー 車種カテゴリ 新車価格[万円] 乗員定員[人]
スズキ ハッチバック 131-183 5
総排気量[cc] カタログ燃費[km/L] エンジン種類 最高出力[ps]
1,242 26.4(FF)/22.6(4WD) 水冷4サイクル
直列4気筒
91
最大トルク[N・m] 全長x全幅x全高[mm] 車重[kg] 駆動方式
118 3,850x1,695x1,500-1,535 1,000/1,090 FF/4WD

スイフト(SWIFT)の概要

スイフト(SWIFT)は、スズキの小型乗用車ハッチバックです。

特徴

  • 切れ上がったヘッドランプが特徴的な個性あるフロントフェース
  • 黒で統一されたスポーティな印象のインテリア
  • 熱効率を高めた、経済性の優れた新開発のデュアルジェットエンジンを搭載しています。
  • スズキグリーン テクノロジーにより複合的な技術システムで大幅な低燃費を実現しています。
  • 自動車盗難防止システムのイモビライザーを標準装備しています。
  • 足回りが硬めにセッティングされているためコーナリングに強いです。
  • より走りが鍛えられたスイフトスポーツ(SWIFT SPORT)という車種もあります。

モデルチェンジ変遷

初代スイフト
(2000年-2006年)
初代スイフトのHT51Sを販売。
クロスオーバーSUVの様なフロントデザインで登場しました。価格を抑えるために、KeiやワゴンRプラスと共通のパーツを多数使っています。
2代目スイフト
(2004年-2010年)
2代目スイフトのZC11S・ZD11S、ZC21S・ZD21S、ZC71Sを販売。
剛性の高い新開発プラットフォームを使用しています。フロントデザインは大幅に変更をされ、切り上がった特徴的なヘッドランプが採用されています。ボディデザインが評価され、グッドデザイン賞を受賞しています。
3代目スイフト
(2010年-現在まで)
3代目スイフトのZC72S・ZD72Sを販売。
ボディデザインは評判の良かった先代を基本的に引き継いでいます。ホイールベースが4cm長くなり、走行安定性と居住性の改善に貢献をしています。フレームや足回りの軽量化が図られており、車重が軽くなった結果、走行性能の改善と燃費向上に繋がっています。

かんたん車査定ガイド