スズキ エスクード(ESCUDO)売却時の買取相場価格

エスクード買取相場価格を知りたい方へ

 

スズキのエスクード

【エスクード買取査定の一例】
グレード 年式 走行距離 買取価格
エスクード 2.0 ヘリーハンセン リミテッド 4WD 2008年 5万km 32万円

かんたん車査定ガイド


 

エスクード(ESCUDO)のスペック(現行モデル)

 
自動車メーカー 車種カテゴリ 新車価格[万円] 乗員定員[人]
スズキ 5ドアクロスオーバーSUV 234-258 5
総排気量[cc] カタログ燃費[km/L] エンジン種類 最高出力[ps]
1,586/1,371 16.8-17.4 直列4気筒(直噴)DOHC(ターボ) 117/136
最大トルク[N・m] 全長x全幅x全高[mm] 車重[kg] 駆動方式
151/210 4,175x1,775x1,610 1,140-1,220 FF/4WD
 

エスクード(ESCUDO)の概要

 
スズキのエスクード(ESCUDO)は、普段の街乗りでも快適に使える(クロスオーバー)SUV車で、スズキが製造・販売を行っています。

特徴

  • 力強いイメージを放つ大型のヘッドライトを備えたフロントフェース
  • 1.4リッターターボ車は黒と赤を、1.6リッター自然吸気車は黒とシルバーを基調とした先進的なイメージのあるインテリア
  • 速度計とエンジン回転数計の間にクルマに関する情報を表示する画面を設けた、視認性の良い「メーター&マルチインフォメーションディスプレイ」を採用
  • ステアリングは、ドライバーの体格や好みに合わせてきめ細やかな位置調整ができる「チルト&テレスコピックステアリング」を採用
  • インパネには、一目で時刻がわかるアナログ式の「センタークロック」を配置
  • 前席には上質感があり、ロングドライブでも疲れにくい形状の「本革&スエード調シート」を採用
  • リヤの荷室容量は375リッターあり、後席を倒すことでさらに拡大が可能
  • 6:4分割が可能な後席と、荷室を2段構造に出来るラゲッジボードにより、利用シーンに合わせた荷室アレンジが可能
  • 荷室の左右には仕切り板があり、荷物の形状に合わせて仕切り板を取り外して使うことも可能
  • 荷室には、夜間も荷物の積み降ろしを容易にするためのラゲッジルームランプ、バッグや買い物袋などを掛けることができるフック、紐で荷物を固定するための金具といった装備を用意
  • どの席からの利用しやすい、ドリンクホルダーやボックス、ポケットなどの収納スペースを用意
  • 高速道路などでドライバーの負担を軽くする先行車と一定の車間距離を保って自動で加速と減速を行う「アダプティブクルーズコントロール(ACC)」を装備
  • クルマ用の携帯リモコンを所持していれば、ドアの解錠と施錠を簡単にでき、車の始動もブレーキを踏みながらボタンを押すだけの「キーレスプッシュスタートシステム/電波式キーレスエントリー」を搭載
  • 風量などを自動的に調整して、一定温度を保つための「フルオートエアコン」を装備
  • 冬場などの寒い時期でも快適に過ごせる運転席と助手席用の座面・背面シートヒーターを用意
  • クルマに搭載されているミリ波レーダーにより衝突被害を防止あるいは軽減するための「レーダーブレーキサポートII」システムを搭載
  • 「カーブでの車の横滑りを防ぐスタビリティコントロール」、「滑りやすい路面や状況でのタイヤの空転を抑止するトラクションコントロール」、「急制動を行った時にタイヤがロックするのを防ぐABS」といった「車両走行安定補助システム(ESP)」を搭載
  • ブレーキシステムには、安定した状態でクルマを止めるABSの他に、ブレーキ踏力をサポートする「ブレーキアシスト」と前輪・後輪に適切に制動力は分配することでブレーキ効率を高める「電子制御制動力配分システム(EBD)」を装備
  • 走行中に強くブレーキングを行った場合に、ハザードランプを高速で点滅させることで、後続車に注意を促す「エマージェンシーストップシグナル」を装備
  • 凍結路面や砂利道の下り坂でブレーキを踏まなくても時速10km程の一定速度で安心して下ることができる「ヒルディセントコントロール」を搭載
  • 坂道にある信号などで、停車から発進をする時に車が後退するのを抑える「ヒルホールドコントロール」を装備
  • 高い安全性能を誇る「軽量衝撃吸収ボディーTECT(テクト)」を採用
  • クルマのフードパネルやフロントバンパー、フロントフェンダーなどの衝撃吸収構造を取り入れた「歩行者傷害軽減ボディー」により、万一、歩行者と接触した場合でも、歩行者に加わるダメージを緩和
  • 万一の衝突に備えて「運転席・助手席SRSエアバッグ」を搭載しており、1.4リッターターボ車には加えて「フロントシートSRSサイドエアバッグ」と「SRSカーテンエアバッグ」も装備
  • 衝突時にシートベルトを巻取り、ベルトにより乗員の胸部を圧迫しない様にする為に拘束力を弱める機能も装備した高性能な「フロント・リヤELR3点式シートベルト」を採用
  • 低速でリヤ部分に他車から追突をされた場合に、首に加わる衝撃を弱めるための「頚部衝撃緩和フロントシート」を採用
  • 赤ちゃんや幼児を乗せるためのチャイルドシートを簡単に固定するための「ISOFIX※対応の固定用アンカーとテザーアンカー」をリヤシートの左右に用意
  • ドライバーに負担を掛けない為にヘッドライトの自動点消滅とワイパーの自動オン・オフを行う「オートライトシステム&雨滴感知オートワイパー」を装備
  • ドライバーにとって眩しくならない様に自動で鏡の反射率を変える「自動防眩式ルームミラー」を装備
  • 「各種センサーからの情報を基に総合的に制御する電子制御4WDシステム」、「走り方や路面状況に応じて切り替え可能な4種類のドライビングモード」、「運転操作をアシストする車両運動協調制御システム」からなる独自の四輪制御システム「ALLGRIP(オールグリップ)」を搭載
  • パワーユニットには、「高出力と高トルクを実現するブースタージェットエンジンである1.4Lターボエンジン」と「余裕ある走りと燃費性能を兼ね備えた1.6L DOHC VVTエンジン」を用意
  • 信号待ちや渋滞などで停車している時に、自動でエンジンを止めることで、ガソリンの消費を抑える「アイドリングストップシステム」を搭載
  • どんなシーンでも運転しやすい最小回転半径5.2mという取り回し性能
  • サスペンションには、フロントにマクファーソンストラット式、リヤにトーションビーム式を採用することで、あらゆる路面状況に於いて快適な走りを実現
  • 傾斜のきついコーナリングや長い下り坂でも安定した制動力を発揮する「4輪ディスクブレーキ」を搭載
  • ステアリングにMT感覚のパドルシフトを装備しており、スポーティな走りにも応える6速ATを搭載
  • ボディ下の空気の流れのコントロールや空力パーツを用いることで、空力性能を改善して、高速走行の安定性や燃費性能を向上

モデルチェンジ変遷

初代エスクード
(1988年-1997年)
初代エスクードのTA01R/TA01V/TA01W/TD01W/TA11W/TD11W/TA31W/TD31W/TA51W/TD51W/TD61W型を販売。
初代は、1.6Lエンジンを搭載した手頃な価格設定と、洗練された内装デザインにより、大ヒットとなりました。
2代目エスクード
(1997年-2005年)
2代目エスクードのTA02W/TD02W/TD32W/TD52W/TL52W/TD62W型を販売。
フロントシートからラゲッジルームまでフルフラット化が可能となっており、よりアウトドアでの実用性が増した車種として販売されました。
3代目エスクード
(2005年-2017年)
3代目エスクードのTDA4W/TDB4W/TA74W/TD54W/TD94W型を販売。
世界市場で販売するための世界戦略車として開発された車種です。四輪駆動システムは、パートタイム4WDからフルタイム4WDとなっています。
4代目エスクード
(2015年-現在まで)
4代目エスクードのYEA1S/YD21S/YE21S型を販売。
1.4Lターボ車と1.6L NA車、それぞれで独創的なフロントグリルを備えて登場をしました。先代までは日本で製造されていましたが、この代はハンガリーで製造せれており、日本仕様車は輸入して販売を行っています。
 

かんたん車査定ガイド

page top