メルセデス・ベンツの買取相場価格

かんたん車査定ガイド

クラスの車格関係

【ハッチバック・セダン】
A<B<C<E<S<マイバッハ

【クーペ】
SLK<SL<CLK<CL

【SUV】
M<R<GL<G

メルセデス・ベンツの歴史

メルセデス・ベンツは、会社名ではなくドイツの自動車メーカーであるダイムラーが保有している自動車、バイクのブランド名です。

1926年にドイツの2社の自動車メーカーが合併をした結果、「ダイムラー・ベンツ社」が誕生し、そこから「メルセデス・ベンツ」のブランドが始まりました。

1930年代にドイツは再軍備を開始しました。この時に軍事目的の戦闘機・戦車・潜水艦用エンジン提供や軍用車の製造を行っています。

1939年から始まった第2次世界大戦では、軍需物資を生産していたことから工場が連合国の攻撃対象とされて、壊滅的なダメージを受けました。

敗戦後の一時期は、連合国によって自動車生産が禁止されましたが、その間は連合国が持ち込んだジープ等の修理を行ってしのいでいました。

その後、自動車生産が解禁となり、ドイツ経済の回復と共に、自動車は大量生産されるようになります。

1960-1980年代は安全対策にも力を入れて、クラッシュテスト用装置の開発の他、世界初のエアバッグとABSをメルセデス・ベンツへ搭載しました。

現在、日本国内では、正規ディーラーとして「ヤナセ」と「メルセデス・ベンツ店」が販売とアフターフォローを行っています。また、輸入業者がメルセデス・ベンツの並行輸入を行って販売をしています。

本来、ダイムラー・ベンツ社が製造する乗用車は、高級車だけではなく大衆車も多く生産しています。そのため、日本以外では高級車というイメージは定着していません。

日本国内では、ブランドイメージとして高級路線が採られており、欧州の販売価格よりかなり割高な価格で販売をされています。

メルセデス・ベンツの買取相場価格記事一覧

メルセデス・ベンツ Cクラス売却時の買取相場価格

【メルセデス・ベンツ Cクラス買取査定の一例】グレード年式走行距離買取価格C200 アバンギャルドAMGライン2013年2万km356万円

≫続きを読む