マツダ フレアワゴン(FLAIR WAGON)売却時の買取相場価格

フレアワゴン買取相場価格を知りたい方へ

 

マツダのフレアワゴン

【フレアワゴン買取査定の一例】
グレード 年式 走行距離 買取価格
フレアワゴン IS リミテッド 2013年 5万km 49万円

かんたん車査定ガイド


 

フレアワゴン(FLAIR WAGON)のスペック(現行モデル)

 
自動車メーカー 車種カテゴリ 新車価格[万円] 乗員定員[人]
マツダ 5ドア軽トールワゴン 133-190 4
総排気量[cc] カタログ燃費[km/L] エンジン種類 最高出力[ps]
658 25.6-30.0(JC08モード) 直列3気筒DOHC(ターボ) エンジン:52-64/モーター:3.1
最大トルク[N・m] 全長x全幅x全高[mm] 車重[kg] 駆動方式
エンジン:60-98/モーター:50 3,395x1,475x1,785-1,800 850-950 FF/4WD
 

フレアワゴン(FLAIR WAGON)の概要

 
フレアワゴン(FLAIR WAGON)は、スズキからOEM供給を受けてマツダで販売をしている軽トールワゴンです。

特徴

  • ノーマル車は、丸っぽいイメージの愛嬌のある外装デザイン
  • カスタムスタイルは、フロントに大型グリルを採用したことにより重厚な存在感のある外装デザイン
  • 内装カラーは、ノーマル車は白基調、カスタムスタイルは黒基調でどちらも寛ぎやすい雰囲気
  • 室内床から天井まで高さがあり、両サイドがまっすぐなBOX形状のボディなので、頭周りにもたっぷりの空間があり開放感がある
  • 左右のリアシートを含めて全てのシートで「前後調整のシートスライド」と「背もたれの角度調整のリクライニング機構」を利用可能
  • リアドアを開くと荷室が大開口、そして荷室は低床なので、大きな荷物でも楽に積み降ろしができる
  • リアシートはワンタッチで前に折りたたむことができ、フラットな荷室スペースにすることが可能
  • 様々なシートアレンジにより長い荷物や大きな荷物も積み込み可能
  • リアドアはスライドドアなので、狭い場所でも全開にすることができ、乗り降りや荷物の積み込みが楽
  • リアドア部分のステップ高さは地面から34.5cmなので、子供や高齢者でも容易に乗り降りが可能
  • アイドリングストップが動作中で、エアコンが送風になっても空調ユニット内の蓄冷材により冷風を送り続けることができる「エコクール」を装備
  • 「停車から発進する際は、モーターだけで静かに走るクリープ走行」、そして「加速時にはモーターがエンジンをサポートすることでパワーのある走り」が可能
  • 行政が普及を啓発している安全運転サポート車の「サポカーS・ワイド」に該当
  • フロントウィンドウに設置した単眼カメラとレーザーレーダーが歩行者や車を検知して、衝突を回避したり被害の軽減を図る衝突被害軽減ブレーキ「デュアルセンサーブレーキサポート」を装備
  • 駐車場などでペダルの踏み間違いによる急加速や急発進で他車や壁に衝突するのを防止するための「誤発進抑制機能[前進時]」と「後退時ブレーキサポート」を装備
  • わき見などで不用意に車線からはみ出しそうな場合に、ドライバーに知らせる「車線逸脱警報機能」を装備
  • ヘッドライトを状況に応じて適切にハイ・ローを切り替える「ハイビームアシスト機能」を装備
  • 信号待ちなどで停車している際に先行車が発進したことをドライバーに教える「先行車発進お知らせ機能」を搭載
  • 坂道発進で不用意に車が後ろに下がるのを防ぐ「ヒルホールドコントロール」を搭載
  • 走行中に急ブレーキを掛けた場合に、車体後部のハザードランプを自動で高速点滅させることで、後続車の追突を防止する「エマージェンシーストップシグナル」を搭載
  • タイヤのスリップやコーナーでの車の横滑りを抑えるための「トラクション・コントロール・システム」と「ダイナミック・スタビリティ・コントロールシステム」で安定感のある走りを実現
  • 万一、衝突が起きた場合に、そのエネルギーを効率よく吸収してキャビンを守る「軽量衝撃吸収ボディ」を採用
  • 正面衝突やオフセット衝突に備えて「SRSエアバッグシステム 運転席&助手席」を装備すると共に、側面衝突に備えて「SRSエアバッグシステム フロントサイド」を装備
  • チャイルドシートをしっかりと固定するための「リアシート ISOFIX対応チャイルドシート固定ロアアンカレッジ&トップテザーアンカレッジ」を装備
  • 車に衝撃が加わった際に瞬時にシートベルトを巻き込むプリテンショナー機構と胸部に加わる衝撃を緩和する可変ロードリミッター機構付きの「高性能シートベルト」を運転席と助手席に採用
  • 正面衝突をした場合にブレーキペダルがシート側に飛び出して脚部にあたるのを緩和する「ブレーキペダル後退抑制機構」を装備
  • 万一、歩行者と衝突した場合に、歩行者の頭部と脚部に加わるダメージを軽減するための「歩行者傷害軽減ボディ」を採用
  • ライトの消し忘れによるバッテリー上がりを防ぐための「ライト自動消灯システム」を装備
  • リアドアを簡単に開け閉めできる「ワンアクション電動スライドドア」を搭載(一部モデル)
  • 寒い冬でも快適に過ごせる運転席・助手席のシートヒータと後席の足元に温風を送風するリアヒーターダクトを装備(一部モデル)
  • 日差し対策として紫外線(UV)と赤外線(IR)をカットする「スーパーUV&IRカットガラス」をフロントドアに搭載 (一部モデル)
  • リアドアには、日光の照射防止やプライバシー保護の為に、引き出すことでガラスを覆い隠すことができるロールサンシェードを装備 (一部モデル)

モデルチェンジ変遷

初代フレアワゴン
(2012年-2013年)
初代フレアワゴンのMM21S型を販売。
スズキのパレットをベースとした車両で、多くの荷物を積み込むことができる軽スーパーハイトワゴン車です。
2代目フレアワゴン
(2013年-2018年)
2代目フレアワゴンのMM32S/42S型を販売。
スズキのスペーシアをベースとした車両です。ベースモデルの他にドレスアップモデルの「フレアワゴン カスタムスタイル」が販売されました。
3代目フレアワゴン
(2018年-現在まで)
3代目フレアワゴンのMM53S型を販売。
通常の車に搭載されている発電機(オルタネーター)の性能をアップして、エンジンの補助モーターとして利用する「マイルドハイブリッド」を搭載しています。
 

かんたん車査定ガイド

page top