ダイハツ タント(TanTo)売却時の買取相場価格

タント買取相場価格を知りたい方へ

ダイハツのタント

【タント買取査定の一例】
グレード 年式 走行距離 買取価格
タントX 2005年 5万km 13万円

かんたん車査定ガイド


タント(TanTo)のスペック(現行モデル)

自動車メーカー 車種カテゴリ 新車価格[万円] 乗員定員[人]
ダイハツ工業 軽スーパーハイト
ワゴン(軽自動車)
122-165 4
総排気量[cc] カタログ燃費[km/L] エンジン種類 最高出力[ps]
658 28.0/26.0 水冷直列3気筒
12バルブDOHC
52/64
最大トルク[N・m] 全長x全幅x全高[mm] 車重[kg] 駆動方式
60/92 3,395x1,475x1,750 920-990 FF/4WD

タント(TanTo)の概要

タント(TanTo)は、ダイハツ工業が製造を行っている車両全高が1700mmを超える軽トールワゴン車です。

従来のトールワゴン車より全高が高くホイールベースも長いので、軽自動車にも拘わらず広い車内空間があります。

特徴

  • 自転車やべピーカーもそのまま積める大開口のミラクルオープンドア
  • 万一の事故を未然に防ぐ、先端技術のスマートアシストUを装備(歩行者との衝突警告機能や車線逸脱警告機能など)
  • 環境に優しいエコ技術「イーステクノロジー」を採用し、低燃費を実現

モデルチェンジ変遷

初代タント
(2003年-2007年)
初代タントのL350S/L360S型を販売。
価格の安い自然吸気エンジンとパワフルな走りができるターボエンジンを搭載したグレード展開で販売を開始しました。駆動方式はFFと4WDを用意しました。シフトチェンジは、全車フロントパネルに付いているインパネシフトATで行います。
2代目タント
(2007年-2013年)
2代目タントのL375S/L385S型を販売。
ボディ形状は初代より角部分が丸くなって、ソフトな印象が強まりました。助手席側のセンターピラー(Bピラー)がなくなり、前部ヒンジドアと後部スライドドアを開くと大きな搭乗口を確保することが可能です(ミラクルオープンドア)。フラットフロア化とさらなるロングホイールベース化で初代よりさらに室内が広々となりました。
3代目タント
(2013年-現在まで)
3代目タントのLA600S/LA610S型を販売。
ミラクルオープンドアの開口面積を広げるためにスライドドアのスライド幅を10cm広げました。その結果、荷物を積載が先代以上に容易となりました。また、フロントフェンダーやバックドアなどに軽い樹脂パーツを採用して、基本性能の向上などで重量増となったのを補っています。

かんたん車査定ガイド