ダイハツ ミラ(Mira)売却時の買取相場価格

ミラ買取相場価格を知りたい方へ

ダイハツのミラ

【ミラ買取査定の一例】
グレード 年式 走行距離 買取価格
ミラ X 2008年 7万km 4万円

かんたん車査定ガイド


ミラ(Mira)のスペック(現行モデル)

自動車メーカー 車種カテゴリ 新車価格[万円] 乗員定員[人]
ダイハツ工業 軽自動車 88-102 4
総排気量[cc] カタログ燃費[km/L] エンジン種類 最高出力[ps]
658 24.2 水冷直列3気筒
12バルブDOHC
58
最大トルク[N・m] 全長x全幅x全高[mm] 車重[kg] 駆動方式
65 3,395x1,475x1,530 750-800 FF/4WD

ミラ(Mira)の概要

ミラ(Mira)はダイハツの売れ筋商品です。

1991年には国内最多販売の軽自動車となりました。ミライース、ミラココア、そしてミラバンと言った派生車種も出ています。

特徴

  • TOPAZ NEO(トパーズネオ)エンジン搭載で環境に配慮した低燃費走行が可能です。
  • 小回り性能に優れているので、狭い路地でもスイスイ走れる。
  • タイヤをボディの4隅に置く設計により、ゆとりある室内空間を確保しています。
  • 衝突実験により安全性が確認された衝突安全ボディTAF(タフ)を採用しています。
  • 運転席と助手席用のデュアルSRSエアバッグを搭載しています。

モデルチェンジ変遷

初代ミラ
(1980年-1985年)
初代ミラのL55型を販売。
発売当初は、車種名「ミラ・クオーレ」としていましたが、1982年のマイナーチェンジを機に車種名を「ミラ」に改めました。1983年には、4WD車とターボ車が追加されました。
2代目ミラ
(1985年-1990年)
2代目ミラのL70型を販売。
女性をターゲットとしたミラ・パルコと車高の高いウォークスルーバンを発売しました。
3代目ミラ
(1990年-1994年)
3代目ミラのL200/210型を販売。
軽規格の変更に伴いフルモデルチェンジが行われました。エンジン排気量は110ccアップされ、全長は10cm長くなりました。
4代目ミラ
(1994年-1998年)
4代目ミラのL500/510型を販売。
先代まで角があるボディでしたが、角が丸みを帯びたため、全体的にソフトな柔らかい印象を受けます。従来の3ドアハッチバックだけでなく5ドアハッチバックと走りを強化したTR-XXを発売しました。
5代目ミラ
(1998年-2002年)
5代目ミラのL700/710型を販売。
再度の軽自動車規格変更にあわせてフルモデルチェンジを実施しました。ボディサイズが一回り大きくなったので、衝突安全性能が高まりました。
6代目ミラ
(2002年-2009年)
6代目ミラのL250/260型を販売。
フロントフェースが大幅に変更され、シャープなスピード感のあるボディデザインとなりました。5MTのVグレードで軽自動車初となる低燃費直噴式エンジンを搭載しました。
7代目ミラ
(2006年-現在まで)
7代目ミラのL275/285型を販売。
ロングホイールベースを採用して、室内の快適性をアップしています。カスタマイズによりデザイン性や機能性をアップさせたミラカスタムを販売しています。

かんたん車査定ガイド