ダイハツ ミラジーノ(Mira Gino)売却時の買取相場価格

ミラジーノ買取相場価格を知りたい方へ

ダイハツのミラジーノ

【ミラジーノ買取査定の一例】
グレード 年式 走行距離 買取価格
ミラジーノ ミニライトスペシャル 2002年 9万km 3万円

かんたん車査定ガイド


ミラジーノ(Mira Gino)のスペック(最終モデル)

自動車メーカー 車種カテゴリ 新車価格[万円] 乗員定員[人]
ダイハツ工業 軽乗用車 98-138 4
総排気量[cc] カタログ燃費[km/L] エンジン種類 最高出力[ps]
659 18.8-20.5 水冷直列3気筒DOHC 58
最大トルク[N・m] 全長x全幅x全高[mm] 車重[kg] 駆動方式
64 3,395x1,475x1,515 780-820 FF/4WD

ミラジーノ(Mira Gino)の概要

ミラジーノ(Mira Gino)は、ダイハツ工業が2009年まで生産をしていたレトロ調の5ドアハッチバック軽自動車です。

特徴

  • 初代は1960年代に販売された「ダイハツ・コンパーノ」のデザインを参考にしたクラシカルなボディデザインとなっています。
  • 初代のインテリアは木目を多用しており、高級感を演出しています。
  • 初代、2代目共に、英国車のMINIを彷彿とさせるエクステリアで、コンパクトかつ可愛いイメージがあります。
  • 初代ではターボエンジンが用意されていましたが、2代目ではターゲット層を女性に絞り込んだため自然吸気エンジンのみとなりました。
  • インテリアの表示盤、操作ボタンは丸型で統一されており、実用性と可愛らしさを両立させています。
  • エアコンにはプラズマクラスター機能が付いているので、浮遊カビ菌やウイルスの働きを抑え込み、綺麗な空気を造りだします。
  • リアシートを前方に倒すことで、荷物の収納スペースを拡張することができます。
  • ミラジーノの最小回転半径は4.3メートルなので小回りが利き、Uターンが楽にできます。
  • 英国タイヤアルミホイールメーカーであるミニライトの8本ホイールを装着した「ミニライト」というスポーティグレードがあります。

モデルチェンジ変遷

初代ミラジーノ
(1999-2004年)
初代ミラジーノのL700S/L710S型を販売。
ミラの派生モデルであったミラ・クラシックの後継車両として、独立した車種としてミラジーノが登場しました。ターボエンジンを搭載した「ジーノ ターボ」も発売されました。
2代目ミラジーノ
(2004年-2009年)
2代目ミラジーノのL650S/L660S型を販売。
クラシックなイメージを残しつつ、丸みを帯びたデザインで可愛らしい印象を与えるボディデザインとなっています。2009年4月に販売を終了しました。

かんたん車査定ガイド