車の個人売買での手続き

個人売買は煩雑な手続きが必要

トヨタのアクア

個人売買でクルマの売り買いをする場合は、当たり前のことですが、間に車売買の専門業者が取引の仲介をしてくれるわけではありません。

そのため、妥当な車の売買価格かは自分でその車の相場価格を調べる必要があります。

また、車の名義変更、その他の全ての手続きを車を売る方、あるいは車を買う方のどちらかが行う必要があります。どちらが手続きを行うのかは、車を売買する当事者間の話し合いで決めることになります。

名義変更手続きに関しては、一般的には車を売却する方が必要書類に必要事項を記入します。そして、車を買う側が陸運支局、あるいは自動車検査登録事務所で車の所有者の変更手続きを行います。

かんたん車査定ガイド

個人売買で必要となる書類

【車を売却する方の必要書類】

自動車検査証 車検証と言った方が分かりやすいかもしれません。車に常時備え付けておくことが義務付けされているので、助手席のグローブボックスに入れている方が多いです。
自動車損害賠償責任保険証明書 一般的には自賠責保険と呼ばれることが多いです。強制保険なので車を所有しているのであれば、必ずこの保険証明があります。
自動車税納税証明書 毎年5月ごろに翌年3月までの自動車税の納付書が送られてきます。その納付書で税金を納めたという証明書です。個人売買では該当車の本年分の自動車税納税証明書が必要となります。
委任状・譲渡証明書 委任状は陸運支局などの名義変更を車を買った側(次の所有者となる人)が行う際に必要となる書類です。車を売った人が名義変更を行う場合は委任状は必要ありません。軽自動車の場合は、委任状の代わりに申請依頼書が必要となり、譲渡証明書は不要です。
印鑑証明書 車の現所有者の印鑑証明書で3ヶ月以内に発行されたものである必要があります。
自動車リサイクル券 正式名称は預託証明書です。廃車時のリサイクル料金を支払った証明になります。
住民票、あるいは戸籍謄本 現所有者の住所が車検証の記載と異なる場合には住民票が必要となります。県外転居を繰り返していたり、苗字が異なっている場合は、住民票ではなく戸籍謄本が必要となります。

【車を買う方の必要書類】

自動車保管場所証明書 車庫証明と言われるものです。管轄の警察署に提出をします。
印鑑 車の売買は資産の移動となるため実印が必要となります。
印鑑証明書 印影の印鑑が実印であることの証明書です。

かんたん車査定ガイド