廃車より売った方がお得

廃車にするクルマ

乗らなくなった車の処分方法としては、年式が古くボロボロで売れそうにもない場合には、廃車と考える方が多いと思います。

ですが、廃車と決めてしまう前にその車を売却することができないかを確認するようにしましょう。

かんたん車査定ガイド

廃車とするのは最終手段

もし仮に廃車にしようとした車が売れるとなると、廃車費用を支払わなければならなかった所が、お金を貰う事ができます。

ちなみに、廃車とする場合には、概ね以下の費用が掛かります。

車の運搬費用 車の重量や運搬距離により変わります。
解体費用 普通自動車で1万円程度
自動車リサイクル料金 1〜2万円程度
抹消登録費用(業者に代行を依頼) 2千円〜1万円程度

(※解体業者によっては、鉄くず代金として普通自動車で1〜3万円程度のお金になる場合があります。)

廃車としても「鉄くず代のプラス分」と「処分費用のマイナス分」を合算するとわずかにプラスとなることもありますが、ほとんどの場合は、マイナスとなり処分費用を支払わなければなりません。

また、廃車手続き(抹消登録)は管轄の陸運支局で行うのですが、その手続きを自分で行うとすると手間と時間が掛かります。

廃車と決める前にやるべき事

古くて錆びだらけだったり、交通事故でフロントがつぶれた事故車であったとしても、すぐに廃車と決めつけるのは止めましょう。

その様な状態の悪い車でも売却することができる可能性があります。業者の中には、普通なら廃車とする様な車でも買い取ってくれることがあります。

手っ取り早く買い取ってくれる中古車買取業者を探すには、「中古車買取一括査定サイト」を利用することです。「中古車買取一括査定サイト」で買取査定の申込みをして、買い取って貰えるかを確認する様にしましょう。

廃車にするのは、買い取ってもらうことができないと分かってからでも遅くないはずです。廃車にすると処分費用と手続きの手間が掛かりますが、売ることができれば、売却代金を得ることができます。

かんたん車査定ガイド