中古車オークションで売却する

素人でも中古車オークションに参加できるのか?

トヨタのプリウスα

中古車オークションの運営会社にもよりますが、一般的には素人の方はオークションに参加できません。

中古自動車の売買を専門にしているプロの業者だけに参加資格があります。中古品を扱うので、古物商許可証も必要となります。

では、一般の方は自分の車を中古車オークションで売却できなのかというと、そうではありません。一般の方が車を中古車オークションで売りたい場合には、代理出品をしてくれる代行業者を利用することになります。

かんたん車査定ガイド

オークションの代行業者を利用した場合

オークションを利用した場合に心配なのが、代行手数料などの費用と、セリの結果、安値で落札されてしまうのではという事だと思います。

オークション代行業者に依頼した場合に掛かる費用は以下の様になります。(なお、オークション主宰会社と代行業者により掛かる費用はマチマチになりますので、以下の数値は概算値とお考えください。)

代行手数料 2万5千円〜5万円程度
出品料 1万5千円程度
成約料 1万5千円程度
自宅からオークション会場までの陸送料 1万円から

もし、落札されなかった場合は、オークション会場から自宅までの陸送料、そして再度オークションに出品する場合には再出品料が掛かります。

危惧される、安値で競り落とされてしまうのではという心配ですが、セリに掛ける時に最低落札価格を設定する事ができます。

そのため、この価格以下では売りたくないという場合にはその金額を最低落札価格としてセリに掛けることになります。

ただし、欲張って最低落札価格を高額に設定するとオークションで落札者なしということになり、自宅までの陸送料や再出品料といった費用が掛かってくることになります。

ですので、仕事を依頼した代行業者に最低落札価格については相談をした方が良いです。

また、自分の車を出品する場合には、車の外装と車内の清掃を行い、出来る限り車の見栄えをよくしましょう。入札代行業者の心証が良くなれば、それだけ高値で車を売却することができます。

悪質な代行業者もいるので注意

中古車オークション代行業者の中には、店舗を持たないで個人経営で営業を行っていることがあります。

この様な業者さんは客数が多くないので、一人のお客から多くの利益を得ようとします。つまり、代行手数料などが高いという事です。

また、酷い代行業者になるとオークションでの取引価格を偽ることがあります。詐欺的な行為ですが、実際のオークション落札価格より低い価格をお客に落札価格として示すケースもあります。

かんたん車査定ガイド